上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週は「休日」が無かったので(笑)なにもメンテナンスしていない。
なるべく毎週新しい記事を書こうと勝手にココロに決めていたので、無理矢理話題を展開します。

先月、3/21に第26回大阪モーターサイクルショーに行ってきたわけですが。
その際にSYMブースで聞いてきた、カタログには載らないRV125iについての情報をいくつか。
まぁもうひと月も前のことでうろ覚えなので、多少情報に齟齬があるかと思いますが。
Webカタログはここから。

外装等々
ガワはもう皆さんご存じの通り、RV125EFiの着せ替えですwww
なので、RV125JPオーナーにとって、RV125EFiに乗り換えるのと感覚はほぼ変わらないでしょう。
ただし、フロアボード前側の切れ込みはなくなっており、あそこに足を差し込むように置いていた私にとっては、違和感を覚えました。
フットボードに足を投げ出して乗れってことですねわかりますん。

また、天神川ファクトリーが販売しているRV125JP・EFi用リアキャリアは使えない様子。
RV125i用はこちら
寸法が変わっているようです。
(´Д`)???
じゃあシート側のフレームは設計が変わってるってこと?よくワカリマセン。
RV125iに乗ることになったらキャリア買い換えだなー…(´・ω・`)
税抜で1万切っているのは素晴らしいが。

次、シート。
前モデルまでにライダーズシートについていた、ごっついバックレスト。
あれは取っ払われ、前後調節機能も省略。
一応ブースにはカスタムシートモデル(笑)として、RV125iに旧モデルのシートをつけて展示していたが…。
事情を知っている立場からすれば、失笑をこぼしてしまう。
いやあんた、それ前モデルのポン付けでっせ…ってね。

ネットの評価を見ると、カスタムシートモデル(笑)の方がウケがイイ。
RV125iオーナーはすぐに旧モデルのシートに換えてしまうようだ。
しかし、私はRV125iそのままのシートの方がいいように感じた。
腰に余計なものが無く、深く座れる。しかも、深く座っても足つきはRV125JPと同等。
そのかわり、座面は少し狭くなったかも。

そんなことよりも、特筆すべきはタンデムシート。
旧モデルでのタンデマーはほぼがに股状態。
シート部は平坦だし、ライダーズシートのバックレストはニーグリップするにしては大きすぎて、モモグリップにも程がある状態だった。
それが無いおかげでごく自然にタンデムステップに足を伸ばせる。
さらに、タンデマーの足の流れに沿って稜線を削ってあるのでもう最高。
人間工学に基づいたシート形状とはまさにこのこと。言い過ぎかもしれんけど。

ちょうどタンデムの話が出たので、タンデムステップの話。
格納状態から押し込むとぴょこんっと出てくる。

…なんじゃこら。ボールペンかっ。

ギミックとしては面白いが、前モデルより剛性が低い気がする。
逆関節方向に蹴っ飛ばしたらギミックごとぶち壊れそうな勢いだ。
しかも、出す方向はいいが仕舞う方向にはそこそこ力がいる。
う~ん、よくわかんないが、向こうではこれが主流っぽいので気にしないことにしよう。

電装
ヘッドライトバルブ。H11という珍しいタイプの2灯構成。
LOWで左が点灯し、HIGHで右が点灯。片側ずつ。パッシングは両点灯だったかな?

ECUはEFiに比べて線が一本増えて、より緻密な制御ができるようになったらしい。
その効果もあって、燃費アップ、パワーアップが実現できているらしい。

あと、電磁シートオープナー。
メインスイッチをONにしないと使えない残念な子。
つまりあれか?
1.停車する
2.降りる
3.電磁シートオープンする
4.エンジン止める(スイッチ切る)
こういうプロセスを踏めってか?
エンジンを切る勢いでそのままシートオープンしていた身としては、不思議な感覚。
慣れればどうにかなるのかなぁ…。
RV125iはそれをやると給油口のフタが「がぼんっ」と飛び出てきてビビる。
いや、どうだったかな。ちょっと操作方法忘れた。

んで、メインスイッチがOFFのときは、シートのそばの鍵穴でメインキーを使ってシートを開けることができる。

……?
いやいやいや!!!待ってくれ。
絶対鍵挿したまま忘れるって!
ってかそんなところにキーシリンダー置くんなら、イグニションのところに集約してくれよ!

最近の台湾車はギミックに懲りすぎておぼれてる気がするなぁ…。

実用燃費
35~37km/Lくらいだそうです。
昨年の7月に購入したオーナーさんから最近聞いたそうです。
つまり、タンク容量7.6Lで計算すると、266~281.2kmという航続距離!

うちのRV125JPがだいたい27~29km/Lで8.5Lなので229.5~246.5km。
ボロ負けじゃんorz...
いつもトリップが200kmくらいになると焦って給油してたものが、250kmくらいまでは精神的に楽そう。いいなぁ。

Webカタログを見て、「タンク容量少ねえじゃん(#゚Д゚)ゴルァ!!」と思っていたあなた。
少なくともあなたのRVよりもたくさん走ってくれますよwww
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。