上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そういえばニコニコって登録制でしたね。
どうりであんまり再生が伸びないわけだ(ぉ
誰でも視聴できるようにBLOGに貼り付けます。

ちょっとした比較動画がこちら。


これは車載動画1に、Corel VideoStudio Pro X4(有料。15,000円くらい)の
機能である「手ぶれ補正フィルタ」を単純にかけて比較したものです。
設定は、レベル:10、サイズ拡大:5でデフォルト設定のままです。
それでもこれだけの劇的な変化が見て取れます。

今までステーの振動対策をどうこうしていたのが馬鹿らしくなるくらいですね(;´Д`)
ソフトウェアの力は偉大です。
手ぶれ補正は撮影時ではなく撮影後にかけるものだということがわかりました。


しかし、さすがに万能ではありません。
撮影時のカメラ側の手ぶれ補正による微振動的なブレは補正できないようです。
夜撮の場合はさらに顕著で、既存の動画に対してフィルタリングしてもまったく改善が見られませんでした。
元動画の素性はそれなりに良くないとダメなようです。
そう考えると、ステー側での振動対策は意味があったのかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。