上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RV125JP 総走行距離:41425.6km

ブチ切れそうなほどフカフカになってしまっている前後ブレーキ。
バイク屋に「OHお願い♥」って言ったら「ASSYでしか供給できないからムリポ」
って言われて早2ヵ月半。

ダメでもともと、フロントのみブレーキフルード交換してみました。
その昔フカフカが直るかと思って前後フルード交換したんですが直りませんでした。
とは言え、交換はそれが初挑戦。
エアを噛むなどして失敗している可能性は否定できません。
より経験と知識を溜め込んだ今なら直せる!と思っての再挑戦です。

とりあえず準備します。
P1030222.jpg
マスタシリンダカップの周りはウエスで養生。
ご存知のとおりブレーキフルードは塗装やゴムを盛大に侵します。
P1030233.jpg
8mmメガネをブリードバルブに掛けて、ビニールチューブを突っ込みます。
チューブの内径はφ4かφ5です。
キタコの耐油チューブ?なるものを買ったような気がします。

キャップを外すとこんな感じになってます。
P1030223.jpg
ゴムになっているのがダイヤフラム。
これが伸びたり縮んだりで液面を調整してるんですねー

蓋とダイヤフラムを分離。
P1030226.jpg
内側はフルードが結晶化したものがこびりついていました(゚Д゚)
本来ってこっち側にフルード入ってきちゃダメなんじゃないの…?(´・ω・`)
よくわかりませんが、水洗いしてよく乾燥させます。
水分を残すとフルードの劣化を早めます。

さて、乾かす間に入れ替え作業です。
しかし、こっからは両手仕事なので写真ありません。
ぼっちで作業はつらいです('A`)
手順は以下のとおり。

①マスタータンクをフルードで満たす
②レバーを握る
③ブリード緩める
④レバーとグリップがKissをする
⑤ブリード締める
⑥レバーとグリップにはゆっくりとお別れいただく

ブリード緩めたら締めるまでレバーは放さないこと!
あとは②~⑥を繰り返すだけ。
タンク内のフルードが無くなりかけていたらフルードを入れてやってください。
あとはシコシコやってください。
たぶん満タン3週くらいやれば全部入れ替わるでしょうか。

P1030228.jpg P1030235.jpg
     作業前          作業後
多少劣化していたでしょうか?
底の沈殿物をこそげ取ったからきれいに見えるだけかもしれません。



結果、
何も変わりませんでした(;´Д`)
ああもう予想通りマスターかキャリパーか。
もういいや別にこれで…(´・ω・`)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
純正でメッシュホースやのに…
エア噛んでるだけじゃないの?
ホース内部ではなく、マスターか
キャリパー内部に。

乱暴な方法としては、
ブレーキレバーを握った状態のまま
ゴムバンドなどでレバーを固定し、
フルードタンクの蓋を開けたまま
一晩くらい放置してみる。

これでエアが抜ける可能性がある
と、学生時代の先輩の談。
2011/02/20(Sun) 20:17 | URL | NT | 【編集
>>NTさん
>ブレーキレバーを握った状態のまま
>ゴムバンドなどでレバーを固定し、
>一晩くらい放置してみる。

このやり方は知ってたのに

>フルードタンクの蓋を開けたまま

を実行してなかった/(^o^)\アホすぐるwww
そりゃ密閉してりゃダイヤフラムが伸びるだけでエア消えねぇわ\(^o^)/
湿気少なそうな日を選んで実行するか…orz
2011/02/21(Mon) 19:30 | URL | SenMoe | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。