2日目は伊万里からスタート。

唐津、伊万里と来たら有田も…?とはならず、
陶器五輪は開催されませんでした。

本日の目的は、やはり2年前のリベンジ。
2年前の残念な姿に別れを告げるべく、雲仙の本当の姿を拝みに行きます。
P8110008.jpg
伊万里からゴリゴリ南下、有明の海を横目に雲仙多良シーラインを経て仁田峠循環道路へ。
今回は道路いっぱいを贅沢に使って優雅に走れたと思います。

そしてリベンジ成功。
P5010003.jpg

2年前とは違い、昼前の時間帯だったので観光客は多かったですが、
一番奥の駐車スペースが空くまで粘り、他者が写らない完璧な位置取りを確保しました。
P5010011.jpg

ま、アホなうどん県のBMW(バイク)が逆走してきたことを除けば満足できました。
この第二展望台をスルーするから変な奴やなぁ…と思ってましたが。
入るときに一方通行だって言われたよね?
お前が死ぬのは勝手だが他人を巻き込むな。


バシバシ写真を撮ることに満足したのでスルスルっと下山。
腹ごしらえのために道の駅 みずなし本陣ふかえへ。
島原手延べそうめん定食で、アホなうどん県民への怒りをクールダウン。
IMG_115423.jpg

道の駅に隣接する「土石流被災家屋保存公園」も観光しました。
幼い日にテレビの向こうに見た惨状が目の前に。
IMG_122329.jpg IMG_122147.jpg

その後は対岸・熊本へ渡るべく、島原まゆやまロード、r58を経て多比良港へ。
偶然にも出港時刻ちょうどに港に着きましたが、なぜか乗せてもらえました。

料金所の奥にいたおっちゃんが「もっと余裕持って来たら?」と嫌味を言ってきたのはイラッとしましたが。
陰湿極まりないなぁ。
こっちは「次の便」に間に合うように「余裕を持って来た」つもりなんですが。
乗せてもらえるなら予定に余裕ができるからお言葉に甘えたのに…。
ま、旅の恥はかき捨てか。


さて、熊本へ渡った理由はただひとつ。
ホンダ二輪の生産本拠地・本田技研工業株式会社熊本製作所。
ボル様の100%里帰り。
エンジン降ろす必要ないなんて、なんて良心的なバイクなんだ。
昨年の大地震直前に生産されたこの個体も、1年振りの熊本の空気を喜んでいることでしょう。
P5010018.jpg

このあと、ここでウダウダしてたらインテグラ(バイク)がやってきて写真を撮りまくってました。

バイクの里帰りと称して喜ぶ変態かな?
仲間と思われたら嫌だから早く立ち去ろう。


その後はゴリッと人吉までワープして宿泊。
人吉ってなんであんなに混むの…?

これにて2日目終了。
走行距離:325.9km。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック