走行距離:9.5km(Google Mapsによる)


暇を持て余し過ぎて、普段はクルマを出して買い物に行くところを、
折りたたみ自転車の特性を知る意味でもAJ-01を駆り出してお出かけしてみました。

チャリとしては遠乗り(当社比)です。
逆に言えば、10km程度をいつもクルマ出してたってことになりますね。
荷物があるからね。しょうがないね。
端的に言えば、

平地はまあまあ快適、登り坂はクッッッッッッソ苦痛

と言ったところでしょうか。

小径タイヤの自転車の宿命とも言えるツラさ。
ペダル回してるんだけど前に進まない。
平地や下り坂においても、最高速(=ペダル漕いでもトルクが伝わらない状態)になるのが早すぎ。
訓練しない限り、これ以上ケイデンス上げれません!

そりゃ20インチの折り畳みミニベロでヤビツなんて走ったらこうもなりますわ。
hunger_knock.jpg

登り坂なんて5km/hも出んぞ。
周りが合わせてるのか、この子が鬼ケイデンスなのか…。
運動音痴設定ですよね、この御方…。



MTB系のタイヤであることも舗装路での走行抵抗を高めており、速度を出すことには向いてない模様。
CIMG1976.jpg

また、リヤサスの設定が甘いとエネルギーを吸われて、これまたトルク伝達に支障が。
プリロードは調整できるので、作動性と乗り心地を両立できるポイントを探っていくことになります。
CIMG1974.jpg




しかし、10kmほどでヘトヘトになり、缶コーヒー(110円)で水分補給をするとなると、
燃費約10km/Lのキザシ様と走行コストはトントン。
速さと楽さと車道上での立場を考えればキザシ様でいいですよね、となります。


成熟したモーターサイクルライダーは自転車へシフトする傾向がありますが、
申し訳ないが距離キチとしてはその領域に達することはできません。
300kmが暖機運転であると思っている内は…ね。


まあ、折り畳み自転車を買った本来の目的とは違う使い方での印象に過ぎないので、
然るべき場で活躍してもらうこととします。

以上!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック