目的を果たせないまま、今年の夏は終わりました。

トボトボと道の駅を巡りつつ帰るだけの旅のスタート。
大豊町の八坂神社にある、日本一の大杉。
デカイ、太い、高いでとても写真に収まらないスケール。
推定樹齢3000年という大自然のパワー。
P8190007.jpg
P8190003.jpg

いっつも素通りしがちな大歩危峡も、道の駅が目的なら止まらざるを得ません。
IMG_104415.jpg

大歩危小歩危を通る国道から脇にそれたところにある、道の駅にしいや。
そこに繋がる道は結構な勾配と渓谷に沿った道路づくりのおかげで、
名道フリークとしてはここもなかなか、と思わせてくれる道です。
P8190014.jpg

一気に飛んで道の駅第九の里。
隣接するのは、日本で最も有名なテーマパーク「ドイツ村」があります。
見学してると帰れなくなるのでスルー。
P8190017.jpg


鳴門大橋を渡ったら、道の駅踏破のため淡路島に速攻下車。
道の駅うずしおへ。

ここに来たなら当然、たまねぎソフトを食わないわけには行きません。
IMG_152703.jpg


たまねぎソフトを食らうのは実に9年振り。
2007年、VTRに乗り始めて初めての真夏のロングツーリングのときでした。

淡路島の端っこ。
思えば遠くへ来たもんだ。
暑いしソフトクリームでも食おうぜ、とメニューを見たら「たまねぎ」www
これは行くしかないwww


あの頃はネタグルメの登場にやんちゃなハートはイチコロでした。


あっ、今もか。


あのワクワク感、ひと口目の衝撃、開かれる新たな扉(ストーリー)…
目を閉じれば思い出す、あの日の感動の再現へ…!



いざッッッ…!









( ^ω^)……。





えっ?
なにこれは(ドン引き







全然不味くないやん(キレ気味


さぬきうどんアイスの再来か?

確かに玉ねぎの味はする。
ソフトクリームとしては不自然なザラザラした舌触りもあの当時に近い。

しかし、残念さが鳴りを潜めすぎている。
思い出補正とか、年食って味覚が鈍くなったとかそういう次元じゃない。
ミルク感を増やしすぎ。根本的に、なってない。


なんかおかしいと思ったんですよ。
道の駅うずしおの売店風景は9年の時を経て様変わりし、軽食売店は外に追いやられていました。
更に、淡路島バーガーなるものがゴリ押しされ、その傍らでたまねぎソフトも微妙なゴリ押しが実施されていたのです。


ええ、察しましたとも。

パンピー向けに日和りやがったな、と。

それじゃダメなんだよなぁネタグルメってのは。
一本芯を通して、突き抜けて、貫き通してもらわないと。

ガッカリです。もう3度目は無い。




とまあ、記事の半分をたまねぎソフトで埋めるくらい、内容がないような3日目でした。
そもそも、この3日間はどの日も内容が薄すぎです。

ここ数年の長期連休ツーリングは引きが悪いです。
やっぱり日頃の行いを振り返るべきでしょうか。


とりあえず夏は終了。
CB1300SBは半年と経たずに10000kmを走り抜け、
やり過ぎ感に危機感を覚えてきたので、程々に抑えつつ、
来たる爽やかな秋を楽しんで参る所存です。

以上!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック