上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3日目は石巻からスタート。

なぜ石巻か?

牡鹿半島コバルトラインが近くにあるからです。
P5020002.jpg

コバルトライン終点付近の御番所公園にて。
コバルトライン、これは素晴らしい!
路面がよく整備されていて、道幅も広い。
後半は木々の隙間から海も見えて気持ちよく走れます。
ただし、途中には民度の低いブラックマークが現れますので、そういう輩が湧くというリスクは考えとかなければいけません。

そして、日本百名道の(多分)撮影ポイント。
いただきました。
P5020003.jpg


そしてこれから蔵王へ向かうわけですが、途中に有名な松島があるので寄ってみました。
ガチ松島の前に奥松島へ。
奥松島パークラインを走り、奥松島が展望できると評判の大高森に到着。

P5020035.jpg P5020038.jpg

魹ヶ崎よろしくまた登山。
私のツーリングはよく走りよく歩くスタイルです。
こんなん年取ったら出来ないし…。

P5020029.jpg

絶景ドライブ100選に載るアングルとほぼ一致。
どんよりとした天気に目を瞑れば、ですが…。


そして、ガチ松島へ。
P5020051.jpg
P5020040.jpg P5020043.jpg

うーん、これが日本三景ですかー。
随分どんよりとしてるんですね。
春霞と言っとけば多少雅やかになりますかね?



しかし、このどんよりとした天気は次の目的地、蔵王でこそ真価を発揮するのでした。

オカマを見るべく、ハイラインを走らずあえての刈田リフトを利用。
P5020053.jpg
もしや雲海見れるか?


P5020057.jpg

あっ、県境だ。
リフトに乗ってるから反復横跳びできない…(´・ω・`)


P5020063.jpg

エメラルドグリーンに輝くオカマ。
オカマと言えば志賀草津道路では見れずに抹茶熊笹ソフトを食った思い出しかありませんでしたが、ここは雲より圧倒的に標高が高かったようです。
素晴らしい。

そして眼下に広がる雲海。
これはこれで当たりな日の踏破でした。
P5020060.jpg


P5020080.jpg

あーーーーーたたたたたたぁっ!

           _,.yトーゞrッヽv,、_,.
         ,rk´ミ、''ナ;;爻'、ー;;〃彡;,.     
        vf戈ハトシ〈'"リ゙、ヾ、;;jリ、〃、
       Yメ从k;;、;;ij;;;ii;ヾ;ッ;仆、ヾくソ    
       }ソリ"i!;;;;;l;;i;;、;;:;:;;:;';;;};;iリドシゞ,
       ツ;;;;;;;;;;ト、;;_リ;;;i!;;ト;=;、t;;;l;;ヒ'     
       ヲ;i!、:::r',;、=;'、;"リ,、=;''"リ;ij´
        };lヾ;;j  ̄´.〃l゙ ̄´ ,';ィ′     
 r‐、       7;;;;|',    =、j,.   /仆、
 } ,! _      ゞ;|:ヽ   ,:ニ> /:: レ ソ\,.、- ' "´;; ̄::
 j _,!ノ )" ̄>.ニト、:\` "'' ///,r/:::::::_,..、''' ..,,
フ ,、'-‐'l" ̄リ;/::;;/::} `:::`:ー'/'∠;:/`゙ヽ・.‐´
‐' 冫‐i '"フ:;/::;;;{! `r‐'"フ´〃シ:;;/ " ヽ、. リ'"  ,、_,
. '",.ィ/ ̄_:;/::;;イ `'ー ''/ヲリ/;/r'/,r─‐-、 (∴,、-''"
  '二⊃ヾ/.:;;/ `ー-‐/Ξ/ッ/rレヘ{ | ̄|  `''"



……はい。

というわけで再びリフトで下山。
P5020091.jpg

あっ、県境だ。
リフトに乗って(ry


リフト降り場に着いたら今度はバイクに跨り、蔵王山を下山です。


思えば結局、八幡平アスピーテラインの雪の回廊を踏破することが叶いませんでした。
明日の予定の関係上、もう取り返しの付かないところまで南下してきてしまいました。
春先の東北、積雪通行止めの憂き目に遭う覚悟がなかったかというとそうでもないですが…。
次回以降への課題が残りました。









…と思いきや、蔵王エコーラインにも雪の回廊はあるんです!
P5020095.jpg
P5020097.jpg

雪は少ない方とのことですが、見れないより全然マシ!
せっかく東北くんだりまで来て、手ぶらで帰らずに済んだので非常に満足です。
だからって八幡平は諦めませんけどね。次回以降に。


なお、眼下に広がっていた雲海は下山中に牙を剥きました。
前方視界2m。霧状の粒がシールドを覆って前見えない。怖い怖い。



写真はどんよりしててよくわかりませんが、蔵王下山開始の時点で夕暮れ時。
本日の宿の那須塩原まで淡々と高速を走るのでした。

ホント、東京ナンバーはルールもマナーも知らないゴミみたいな走りしかしないな。

以上。
3日目の走行距離は459.7km。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。