ツーリング走行距離:469.6km

ブログを放置して1ヶ月。
久々の投稿はやっぱりツーリングネタ。
先月はキザシ様も車検を迎えてひたすら現状維持を続ける毎日です。


というわけで、高レベルぼっちな私は高ボッチ高原へと旅立つのでした。
中央道をひた走り、岡谷方面から高ボッチスカイラインへ。
対向車対策で左寄りを走ってたら路面陥没に思いっきり前輪が突っ込んでタコ踊りするなど、命の危険を感じつつ高ボッチ高原へ到着。
PB070001.jpg
PB070005.jpg
人っ子一人いなくてまさにボッチ。
※注:高ボッチの「ボッチ」はひとりぼっちの意味ではありません。

あんなところで派手に転けて自走できなくなったら熊のエサになる覚悟を決めなくてはならない。
ま、車線幅は狭いし、路肩は枯れ葉で埋め尽くされてるのでスピードなんて出せないんですが。

それなりに見晴らしのいい風景を楽しみながら、鉢伏高原スカイラインへ。
鉢伏山荘で道路は終わるのでここで引き返し。
山荘に入ろうにも、急坂&砂利&深い轍。ロードスポーツバイクでは死ねます。

高ボッチスカイラインと鉢伏高原スカイラインの分岐点にある駐車スペースで一休み。
秋空らしいうろこ雲が美しかったので狭路で緊張した身体も癒やされました。
PB070016.jpg

ここで塩尻側に抜けても良かったのですが、何を思ったのか中山道を通って帰ろうと思い立ち、来た道をなぞって下山。
塩尻峠を西に逸れてやまびこ公園方面へ。

すると、プリンス&スカイラインミュウジアムの看板が。
ああ、これがあの、と下調べしてない割に引き当ててしまう自分に酔いしれつつ寄り道。
PB070027.jpg

大人1000円というやや強気な値段設定ですが(多分)ファンにはたまらない内容でした。
展示物は撮影OKですが、「撮った写真は個人で楽しむだけにしておけよ!」という張り紙で牽制してきます。

ネットにアップするなよ!絶対するなよ!ということですね。



はい。
一人でニヨニヨします。

R30のJSS参戦車両の運転席に座らせてもらったりしてホクホクです。
初代~R34まで貴重な史料を見させてもらいました。


以上!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック