いよいよ最終日。この日も予定を変更。
平尾台、門司港レトロ、下関を経てゴリゴリ帰宅します。

しかし、のっけからガッツリ寝坊。
元々余裕はあったし、まだリカバリが効くレベルだったので飛び起きてパパっと準備して出発。
こんな時の為に、寝る前に極力すぐに出れるレベルに荷物を整えておくのは重要ですね。
まずは朝の内に平尾台へ。
春のツーリングでの秋吉台よろしく、空いてて見晴らしのよい朝がカルストは素晴らしい。
P8150039.jpg
P8150041.jpg


各鍾乳洞がオープンする10時頃にはウザいファミリーカーが増えてきたので退散。
やはりカルストは早朝に来るに限る。



続いて目指した先は門司港レトロ。
港町の風情と名物焼きカレーを賞味しました。
P8150048.jpg P8150050.jpg
P8150096.jpg P8150110.jpg


川を渡す橋「ブルーウィングもじ」は跳ね上げ式。
定刻には両岸の交流を断ち切ってしまう鬼畜な橋です。
P8150077.jpg P8150078.jpg


そんな橋も爆発の聖地として崇められているようです。
この爆発の聖地、もうどれくらい踏破したんだろう…。
P8150075.jpg



というわけで昼飯へ。
伽哩本舗 門司港レトロ店にてバナナ焼きカレーを。
決してネタグルメではありません。非常に美味しかったです。
IMG_110109.jpg


さらにもういっちょ腹ごしらえ。
門司港ホテル前にて8月の週末限定というラッキーなタイミングで販売していた門司港バーガーがあったので1個食べてみました。
肉がすっごい柔らかくてめちゃくちゃ美味しかったです。
許可とってないので加工しちゃいますが、いい笑顔のコックさんの写真が撮れました。
P8150121.jpg
P8150120.jpg P8150117.jpg



本来はここから自宅までぶっ飛ばす予定でしたが、せっかく下関を通るので、
春のツーリングでやり残したことを新下関駅へ寄り道してやって来ました。
IMG_130114.jpg

本州最西端・毘沙ノ鼻到達証明書ゲット。 日付もちゃんと踏破日を記入。
本州の端は残すところあと東の端のみ。
しかし、最後にして最凶最悪の場所が残ってしまいました…。
詳しくはggr。


ここからはひたすら自宅まで。
山陽道をまっすぐ帰るつもりでしたが、連休の終わりがけということもあり、ゴミが路上でゴミになるせいでところどころ渋滞が。
それを避けるためめちゃくちゃなルートになりましたが、渋滞らしい渋滞に引っかかることもなく帰宅。
寝坊した分よく眠れていたのが効いたのか、道中眠気を感じることもなく安全に帰れました。


これにて2015年の夏は終了。
バイクで訪れるのは実に6年振りとなった九州。
雨の影響もあり、そもそも計画力の未熟さか、いくつかの目的地が未踏となった今回のツーリング。

別の考え方をすれば、今回すべてを成し遂げてしまうと今後やることがなくなってしまうので、
次回以降に旨味を残したとも言えます。

不満な点に関してはまたリベンジを。
その時は残念ながらロクエフたんでは無いかもしれませんが…。


走行距離:869.7km。
ツーリング総走行距離:3140.2km
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック