上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3日目の主な目的地は仁田峠・島原、諫早湾堤防道路、夫婦岩 with 軍艦島、長崎観光といったラインナップ。

あんまりカリカリ走ってばかりというのもつまらないですからね。
観光日ということでゆったり目に設定しました。
天草から島原へはフェリーで約30分の道のり。
島鉄フェリーを利用しました。
8時発の便を予定してましたが、仁田峠に着く頃に定期運行バスと鉢合わせる可能性があったし、たまたま早く起きれたので1個前の便で島原入り。
P8110003.jpg


その甲斐あってか仁田峠循環道路の第二展望台までは誰とも会わずに自由走行。
仁田峠循環道路はCCWの一方通行ですが、ついつい対向車を恐れるように左半分を走るようなライン取りになってしまい思うように走れませんでした。
似たような1.5車線道路は走り慣れてますからね…。

さて、ウキウキ気分で第二展望台に着いたものの…。

P8110008.jpg
残念ながら普賢岳は80%くらい雲の中。
これが日頃の行いか…。

雲は結構なスピードで右側へ流れていたので多少待てば晴れるかと思いきや、
谷からどんどん湧いてくる雲。
山頂周辺の山肌を望む程度にしかなりませんでした。
P8110014.jpg P8110034.jpg



この天気は島原まゆやまロードで本領を発揮。
まゆやまロードは真っ白でした。要リベンジ。
P8110039.jpg

ただでは転ぶまいと堤防道路へ向かうルートとしてr58を走っていたら、
平成新山と思しき展望があったので写真に収めておきました。
P8110043.jpg



次なる目的地は諫早湾上を走る堤防道路。通称雲仙多良シーラインです。
前も後ろもただひたすらに真っ直ぐな道。
走っている分には爽快感はさほどでも無いですが、この展望所はなかなか絶景だと思います。
P8110051.jpg

P8110050.jpg




そこからはちょろっと高速ワープして目指すは夫婦岩。
端島炭鉱跡、通称軍艦島が望める地へと足を運びました。

ここで、同じく九州ツーリング中のNTさんと奇跡的?なエンカウント。
ツーショットをいただきました。
P8110060.jpg
P8110065.jpg P8110069.jpg


NTさんと昼食を共にし情報交換。
別の目的地があるNTさんとは別れて、次に目指したのは長崎市内。
その前にちょっと寄り道してお買い物のつもりでしたが、目的のものが見当たらず残念な結果に。
別の場所に目的のものがあるとの情報を得たので近日?中に行くかも。


長崎市内に着いたら早速平和のお勉強へ。
十分徒歩で回れるところに重要ポイントがあるので助かります。
P8110111.jpg
原爆資料館

P8110126.jpg
長崎原爆爆心地

P8110133.jpg
平和祈念像
すべての所作に意味がある像です。


夕食はお決まりの長崎新地中華街へ繰り出してちゃんぽんを賞味。
P8110160.jpg

P8110164.jpg


ガイドブックや口コミに載ってる店は休業日か大行列かのどちらかだったので、
並ぶのが馬鹿らしいと思う元関西人は空いてる店へ飛び込み。
昨年の米沢牛カイエン事件と同じ轍は踏まない。


私以外の客はいませんでしたが、私が入った途端にわらわらと客が増えました。
やっぱり誰も入ってない店は抵抗感があるんですかね。

パッとネットを探っただけでは名前が出てこないお店でしたが、十分美味しく頂けました。
行列作ってる有名店は何時間も待つ価値があるほどこれを凌駕して旨いんでしょうか。


会計時に店員の方と雑談し、

「あそこの店は大行列でしたけど、ここも十分美味しいと思うんですけどね」


って言ったら


「そうですよ。うちの方が美味しいですよ」


って返されました。


プロモーション力不足かな?もっと頑張んないと! 岐阜くらい(ry


これにて3日目終了。
走行距離216.6km。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。