CBR600F総走行距離:39803km


久々の整備記録。
クソ暑い中、セルフでリヤブレーキパッド交換を実施しました。

前回交換からほぼドンピシャで10000km。
エコスポーツパッドと言えど、まあその程度です。
純正パッドがエコパッドの3倍の値段以下なら純正の方がやはりお得なんですかね。



今回は大阪モーターサイクルショーで破格の値段で手に入れたカーボンロレーヌRX3を導入します。
CIMG1745_20150726171748393.jpg
CIMG1747_20150726171842523.jpg
CIMG1751.jpg CIMG1753.jpg

とりあえず今回はここまで攻めてみました。
下段左の写真がピストン側です。
RV125JPでもそうでしたが、反対側の残りっぷりがもったいないですね…。
均等に減らすにはやはり定期的にハンガーピンやバックプレートへのグリスアップが必要なのでしょうか。


さて、ロクエフ(ABS非搭載)のリヤキャリパーですが、丸洗いするにはアクスルシャフトを抜いてキャリパーサポートごと外さないといけない構造になっています。

CIMG1746_20150726172317ffe.jpg


なので今回は歯ブラシや細いブラシを使用してズボラに清掃。
清掃が終わったらリザーバタンクキャップを開けてピストンを押しこみ。

CIMG1748_20150726172317c9c.jpg CIMG1756_20150726172316429.jpg


しっかり隙間を空けてパッドグリスを塗布したパッドを装着し、ハンガーピンを締め付け。
ブレーキペダルを数回踏みつけてパッドを密着させ、テスト走行して制動力があることを確認して終了。

CIMG1755.jpg



これにて、前後カーボンロレーヌ化が完了しました。

以上。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
キャリパーに関して
かなり強引かもしれないのですがアスクルシャフトを抜かなくてもキャリパー外せます。
ブレーキパッド外した後キャリパーサポートの接続部のゴムをずらすとスパナで外せるんですよね。
2015/07/27(Mon) 01:29 | URL | 超獣機神 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック