上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツーリング総走行距離:2109.4km

2015春の中国地方ツーリング -岡山- ←今ここ
2015春の中国地方ツーリング -島根-
2015春の中国地方ツーリング -山口-
2015春の中国地方ツーリング -秋吉台~大崎下島-

長期連休恒例の長距離ツーリングを今年も企画して行って参りました。
当然のごとくぼっちです。
様々なペースを自分で決められるというこれ以上ないメリットがありますからね。

さて、今回は自身の足で踏み入るのは初めてとなる中国地方を縦横断する旅です。


まずは1日目、岡山県です。
岡山県での絶景道といえば岡山ブルーライン鷲羽山スカイラインと相場が決まっていますので、それをなぞるようにルーティングしました。
しかし、美味しい時間にブルーラインに入ろうと思うと憎き宝塚トンネルの渋滞にハマらざるを得ません。

そこで、小豆島を経由する深夜フェリー便を使うことにより、
宝塚を避け、睡眠時間も確保でき、寒霞渓ブルーラインも堪能できるという
素敵なツーリングコースが生成できます。情報提供:NTさん

というわけで早朝の誰もいない寒霞渓道路を快走。
早朝の靄った寒霞渓もまたオツなものです。
CIMG1133.jpg

そして大部港から岡山県日生へ。
かなり時間に余裕が有るため、最近陸路が開通したと俺の中で話題の鹿久居島へ寄り道してみたり。
CIMG1146.jpg

古代体験の郷まほろばへの入り口。
あまり先へ進み過ぎると急坂&ダートが待ち受けているので、
フル装備ロクエフたんで行くのは無謀と判断しここで引き返し。
ついに鹿久居島から脱走可能なのか…。胸熱。
CIMG1143.jpg

というわけで、いざ岡山ブルーラインへ…と行くわけもなく、まずは絶景ポイントへ。
日生側からブルーラインちょっと手前にある狭路に入り、少しの山登りをします。
CIMG1149.jpg CIMG1147.jpg

夕立受山の駐車場からところどころ獣道みたいなところを歩いて山頂へ登ると、
岡山ブルーラインの唯一の見所、片上大橋を見下ろせるポイントへ到達します。
快晴とは行きませんでしたが、有名なポイントに足跡を残すことができました。
CIMG1157.jpg

ここからは岡山ブルーラインを淡々と走り抜けます。
橋を抜ければもはやただのバイパス道。
ブルーラインの絶景は片上大橋がすべてなのです。


というわけで次の目的地は鷲羽山。
この日は時間が経つに連れて青空が覗くようになり、
鷲羽山に着く頃には日が差して絶好のスカイライン日和。

百名道撮影ポイントと思しき場所はさして広いスペースもなく、精一杯左に寄せて停車してパパっと撮影。
完全一致とはならず。
CIMG1172.jpg
CIMG1195.jpg CIMG1198e.jpg

展望台では完全に晴れ!最高だ!
CIMG1173.jpg

瀬戸大橋と金門橋の大パノラマも素晴らしい。
CIMG1178.jpg
CIMG1184.jpg CIMG1189.jpg


ひととおり絶景を堪能したので、グルメも行っときましょう。
せっかく尾道が近いので、尾道ラーメンを晩飯にしてみました。
ツーリングマップルにも載っている味平にて。
CIMG1202.jpg

CIMG1200.jpg



本日のおおよそルート走行距離338.1km


2日目に続く。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。