上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
開幕日に行って開幕日にうp!
珍しくやる気を出したSenMoeさんです。

CIMG0973.jpg

今年もくまモンが出しゃばってます。
まずは試乗会。
開場直前の混み具合はこんな感じ。

CIMG0968.jpg

CB1100ワロタwww


CIMG0979.jpg

小生はVFR800XとR1200Rを試乗。

VFRはやはり股火鉢。
場内を低速で頻繁に乗り回すスタイルな上、よく晴れた日中であったことも手伝い、股火鉢も絶大に。
っていうか、スタンディングのポジションがキマりにくいんですがこのバイク…。
やはり所詮はファッションオフローダーか。

R1200Rの方は新型になり、独特のサスペンションを投げ捨てたコストダウンモデル。
普通のテレスコなので乗り味も普通。
ただし、さすがの海外メーカーの大排気量車。
1、2速のドッカンっぷりはすごかった。
スロットルバイワイヤ?なのかスロットルの重みに節度感がなく、
アソビをとるつもりでひねったらビョっと前に出て体が置いてかれそうに…。
ヘタクソが乗るもんじゃないね。


では場内へ。

まずDUCATI。
CIMG0986.jpg CIMG0987.jpg
意欲作?スクランブラー。
トライアンフと被るから車名変えて欲しい。

CIMG0989.jpg CIMG0990.jpg
新型ムルティストラーダ。
ヘッドライトが複数プロジェクターでオラついた表情に。

BMW。
CIMG0992.jpg CIMG0993.jpg
捕捉してなかった新型が登場。
R1200RSというらしい。
ツアラーともロードスターとも言えないなんとも中途半端なモデル?
BMWらしからぬ割り切り感のないモデルが出ましたね。

CIMG0998.jpg CIMG0999.jpg
よくわからないコンセプトモデルも展示。
アルミ削り出しの塊みたいなやつと、ミリタリー系を勘違いしたようなやつ。

CIMG1000.jpg
あと手すり。
そういや豊田市周辺でコレをぼっちで乗ってる人とすれ違ったなぁ。
普段はタンデムなのかなぁ。
ちなみに、K1600シリーズは今回跨ることができません。
2年前に安物とこき下ろしたせいなのか…。

緑。
一応目玉は抑えておきました。
CIMG1004.jpg CIMG1006.jpg
Ninja250SL。
非常にスリムでポジションもラク。
しかし、やはりマフラー周辺はすぐに点サビが浮きそうな鉄板でしたwww

CIMG1007.jpg CIMG1010.jpg
CIMG1011.jpg CIMG1012.jpg
H2 & H2R。
鏡面風塗装は非常にきらびやかで目立ち度抜群ですが、乗り回しながらこの塗装を維持する自信がありません。
確実に盆栽…というかショーケース行き。
VMAX同様、乗るバイクではなく飾るバイクですね。

CIMG1018.jpg CIMG1024.jpg
Vulcan S。
友人が欲しそうにしてるバイク。
確かにルックスは今風で悪くないし、ワインディングもそこそこイケそうな車体構成。


一応毎回の本命、HONDA。
CIMG1113.jpg
まずは大本命と名高いRC213V-S。

CIMG1114.jpg CIMG1037.jpg
巨大なラジエータのために、エキパイ周りはキツキツ。
ミラーはレバーガードに取り付けられるという、「保安基準のため仕方なく付けた」という演出は評価できる。

CIMG1031.jpg CIMG1040.jpg

コンセプトモデルSFA。
生意気にもプロアームじゃないすか。

CIMG1053.jpg CIMG1054.jpg

今日のわんこ。
カムシャフトが抜けるCB400シリーズのエンジンを積んだコンセプトモデル。
タンクサイドには小物入れが付いてるらしいですが、
NM4-02を出したHONDAさんですからね。期待できません。

CIMG1046.jpg CIMG1045.jpg
オフロードコンセプトが2台。

CIMG1025.jpg CIMG1111.jpg
ヲタに媚びた末路。
MotoLINCについては、ばくおんコラボの提案者とお話しさせていただきました。
おりもと先生の取材にまつわる逸話やMotoLINC解説コミックの裏話も聞けたり。
金!暴力!SEX!のないバイク漫画なんて見たことがない!とは提案者の談。
なかなか面白い人でしたw

CIMG1048.jpg
くまモンキーに堂々と鎮座するくまモン。

CIMG1119.jpg
CIMG1118.jpg CIMG1117.jpg
GL 40周年アニバーサリーモデル。
このカラーでは食指は動かんなぁ。
とりあえず、次の10年を担う新型が出るまでは待ちかな。


SUZUKI。
CIMG1069.jpg
MotoGP復帰マシン。

CIMG1064.jpg
CIMG1066.jpg CIMG1067.jpg
GSX-S1000F。
いやぁ特徴がない。
SUZUKIらしい変態さもいまいち感じ取れない。
なーんか安直なんだよなぁ。
けど、スイングアーム厨には媚びている感じは好印象。

CIMG1060.jpg CIMG1059.jpg
リコール対策前のバーグマン200も展示。


YAMAHA?
楽器店なんて知らねぇよ。
新型R1はレーシングモディファイされてるし跨がれないしで意味が無い!
けど、体感するという点では毎年充実してるのはYAMAHAだなぁと思う。

他メーカーは有象無象なので省略。


今回の収穫はサインハウスですね。
CIMG1108.jpg CIMG1109.jpg
B+COMは5Xになり、グループトーク機能を大幅にアップしたとのこと。
ぼっち~2人までは5Xの恩恵は感じられないとのことなので、4Xユーザーは買い換えるほどのものではないとのこと。
213のユーザーは是非買い替えて欲しいとのことです。
せっかくの機会なので、ナビとケータイの音声状況についてスタッフに質問してみました。
ナビはATLAS MCN43Si II。ケータイはGLATINA。
同時に繋いでるとナビの音声がプツプツ途切れまくるという症状が出ています。
スタッフによると、まずはナビ(A2DP)を確立してからケータイ(HFP)をつないでみてはどうか、という回答。
試したような試してないような…。とりあえず、今度やってみます。

そして、気になっていたLED RIBBON。
LEDとハロゲンのリフレクター反射状況を眺めてたらスタッフにしめしめといった顔をされましたw
まあ話をしてみると、めちゃくちゃ丁寧に説明していただきました。
ハイビーム時に下側のリフレクターで反射していないのに何故正しい配光が出るのか。
試乗に流通しているシナ産横向き発光バルブと何が違うか。
二輪専門メーカーとしていかに自信を持って製品をリリースしているか。
スフィアライトがいかにクソであるか。(個人的な感想です。サインハウススタッフの発言ではありません)
セールストークということを加味しても、十分説得力のある説明をしていただけました。
思いの外あのリボンは自由な形状になるし、熱を持つ部分をほんの僅か。
製品余裕度のためにあの形状なのだそうです。

あのクオリティならロクエフたんに入れたくなっちゃったよ。
クソなスフィアライトのHIDをゴミ箱に捨ててLED RIBBON買っちゃおうかな。


あ、スフィアライトも出展してますが、散々な低品質についてブチ切れときました。
スタッフのお兄ちゃんタジタジ。
ま、当然の報いですわな。あんなの社名を掲げてリリースする方がおかしい。


というわけで今年のモーターサイクルショーは以上。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。