基本的にネタがないキザシ様ですが、
傍から見て「キザシはつまらないクルマなのか?」と思われるのもアレなので、
ロクエフたんに施したような節電対応をネタにしようかと。


要は、各所のバルブをLEDにしましたよ、というお話。
使ったバルブは概ね尼でかき集めたものです。
メーカー物だったり無名だったりバラバラです。
「普通の」クルマなら専用設計のフルセットとかあるんですが、
いかんせん、「変態用の」キザシ様なので。


まずはルームランプ類。

CIMG0918.jpg
フロント&マップランプ。
フロントはプレート型24連のメーカー不詳。
マップランプは当初電球形のやっすいやつだったんですが、
広がりが無い上に暗かったのでIPFのプレート型3連のやつに入れ替えました。

CIMG0920.jpg
リヤ。
もっと満遍なく光るやつにしたい。

CIMG8206.jpg
カーテシ。


続いて外側。

CIMG8201-e.jpg
ナンバー。サイズはT10×37。
普通の日本車はT10×31。ここでも変態性を発揮。
安いバルブはほぼ選べない。

CIMG8899.jpg
ポジション。レンズ汚え。

CIMG8898.jpg
画質悪くてアレですが、爆光過ぎてヤバイ代物。

CIMG0913.jpg
バック。IPFのバック専用バルブです。
プロジェクター付バルブなので真後ろから見るとヤバイ代物。
その分、夜間のバックカメラの視認性は上がったような気がします。
気がします、というのもキザシ様のバックカメラはセンターからかなりオフセットしてるため、
あんまりカメラに頼らずバックしてるので…。

CIMG0914e.jpg
フォグ。これもIPFで車検対応のやつです。配光も問題なし。
ただし、取り付けはめちゃくちゃ大変でした…。

CIMG0916.jpg
バルブ部アップ。
平常時も後付け感を出さない灯体デザインも◯。


次の目標はウインカーやテール&ブレーキかな。
H7ヘッドライト対応で信頼性の高そうなLEDバルブが出たら速攻でハイビームに投入するんですが…。
まだまだH4が黎明期では先は長そうです。
純正HIDのロービームに比べてハロゲンのハイビームが暗いので、
近くの明るさに慣れた目では遠くは暗くて見えないままというジレンマ。


あ、個人的にスフィアライトはNGです。
ロクエフたんに取り付けようとして盛大に失敗しているので。
本当に配光が最悪でした。
ローの時点でリフレクターの下側で反射してるってのに、
正しい配光もクソもありません。
あまつさえ、ハイビームに切り替えてもリフレクターの反射状態が何一つ変わらない。
挙句の果てに車種によって適合しないのかもと抜かしやがりました。
じゃあ、なんでハロゲンバルブは正しい配光なんですかねぇ…。

ちょこちょこと現れ始めた「スフィアライトLED取り付けました」というブログ記事を見ても、
やはりロービーム状態でリフレクター下側で反射しているケースが散見され、
前走者・対向車にクソ迷惑な状態になっていることうけあいです。


ま、バルブにシェードが同梱されていない時点でお察しでした。
そもそも、指向性の高いLED光を真横に光るように着けて、
リフレクターの下側が照らせるわけがない。


この記事を見て、「スフィアライトが自車に合うのか?」と思われた方は、
各所でキャンペーンされている取り付け相談会みたいなところで試着してみることを強くオススメします。


※2/8追記
久々に商品ページを見たらH4にはシェードが追加されてますね。
当時はあまりのクソさに辟易してHIDに替えさせましたが、
今なら多少はマトモな配光になっているのでしょうか。

ま、私にとっては時すでに遅し。
信用出来ない企業の一つに数えられています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック