上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事故の時着ていたメッシュジャケットがこんなことに

P1000992.jpg P1010007.jpg P1000961.jpg

なってしまい、このまま着続けるのはあまりにもみっともないので、
新しいメッシュジャケットを購入しました。
今回購入したのはこれです。
P1020016.jpg
KOMINE ライディングメッシュジャケット ロッタ

2009年春・夏モデルという型落ちのモデル。
一応位置づけとしては、2010年モデルのジェミニの前モデルということになるかな?

型落ちということでアウトレットに出されており、定価\18,900のところ、\11,800でゲット。
「これください」って言うまでかなり迷いましたがw
あまりの優柔不断さに、店員さんはあきれかえっていたことでしょうw
貧乏学生だからね。1万を超えると若干尻込みしますw
ってかね?買い物って迷ってる時間がイチバン楽しいんだよ?w
まぁ店側からしたら商品をこねくり回す嫌な客にしか映らんでしょうけどwww


まぁいいや、そんなことは。
とりあえず、機能説明を。
P1020012.jpg P1020013.jpg
背面はこんな感じ。
上腕周りと首の下のパイピングがリフレクターになってます。
フラッシュで撮るとよくわかります。

まず、ライジャケに良くある無駄に主張したメーカーロゴは配されず。
ラフロは上の画像を見てもらえればわかりますがw
SIMPSONやYELLOWCORN、ELFのような走る広告塔は勘弁願いたいのでwww

それに比べてKOMINEは。
背中に堂々と書いてあるモデルもありますが、こぢんまりと主張するモデルがKOMINEには多いのが好印象。
このモデルも腰にでかでかとKOMINEと刺繍してありますが、こんなところは乗車中は周りから見えません。
それよりも、首の下にあるKOMINEのイラストレーションロゴがかっこいい。
かなり自分好みで大満足。
っていうか、メーカーロゴの配しかたが個人的にジャケット選びの最重要ポイントかなw


次、KOMINEの特徴はタイトフィッティングと堅めのCE規格プロテクター
これが俺のサイズ選びを迷わせた。
俺の体型は肩幅は広いのに腰回りが細すぎるという若干変なもの。
ちなみに身長は170cm、体重55kgです。
Mを選ぶと腰回りはちょうどいいけど乗車姿勢になると背中が突っ張り、
Lを選ぶと肩・背中はちょうどいいが腰・腹が余って、風でバタつく可能性が。
店員さんも頭を悩ませるw
バタつくのは疲れるからやめておいた方がいいってのはその通りだし、わかってる。
けど、突っ張ってるのも疲れるだろw
大は小を兼ねるんだよwLでいいじゃんw
ってことでLサイズをゲット。最後の一着だった…


次、プロテクターの位置
普通のライジャケ同様、肩・肘にCE規格パッド、背面はウレタンパッドが入ってます。
肩・肘パッドには上下を2分割するように割れ目が入っているので曲げ伸ばしが非常に楽。
特に肘が。
ラフロの時は全てソフトプロテクターだったので、肘を曲げるとたわんで左右に広がってしまい
正直に言うと残念なフィーリングでした。
それに比べてハードなこのプロテクターは曲げても左右への変形が少なく、
思った通りに曲がってくれるのでとっても楽です。
しかもこのモデルはこれだけではなく、脇腹にもCE規格のプロテクターが!
あまり見られないパターンです。肩・肘のものよりもソフト目ですが。
これまでコケて脇腹をケガしたことはないですが、安心感が違います。
しかも意外と気にならない。これはGood!
ただ残念なのが、肘と脇腹のプロテクター挿入口が外にあること。
チャックの口が外にあり、それを開けて出し入れするというものです。
そりゃ出し入れは楽かもしれんけど…チャックについてる布がバタつくじゃん…
これはチャックの中に埋め込むことで対応します。


最後にポケット
外ポケットは腹のところに左右一個ずつ。チャック式。こぶし大くらいの深さ。
内ポケットも左右一個ずつ。左がチャック式、右はマジックテープ式。
どちらもハガキを収められる程度の深さと幅。構造上、左の方が入り口が狭い。
外ポケットは表面の生地との間にナイロン生地があるので、多少の防水性は期待できそう。
ただし内ポケットはダイレクトに表面の生地からメッシュで突き抜けてるので、
防水性は期待しない方がよさそうです。


以上、長々と説明しましたがホントにいい買い物でした。
夏ジャケは白系じゃないと信号待ちで泣きをみるのでw
シルバーが残ってて良かった。
そして、なぜKOMINEか?
お世辞じゃなく、KOMINEは安くていいものを作ってくれていると思います。
俗っぽく言えば、貧乏人御用達でしょうけど…
KOMINEの企業理念にある通りです。
KOMINEはライダーの視点に立って、より便利でいいものを安く提供する、と。
このジャケットにしても、他のメーカーなら3~4万はするでしょう。
それが2万を切る価格で売り出せる。素晴らしいのひと言に尽きます。
KOMINE信者になりそうですwww


最後の最後に。
ラフロのライジャケ…お世話になりました。
プロテクターはしっかりと役目を果たしてくれました。
プロテクターがついていたところには傷を負いませんでした。
最期しっかり護ってくれたラフロのライジャケに敬礼(`・ω・´)ゞ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。