上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
超久々にキザシ様ネタを投下。
レーダー探知機を取り付けしました。
模範運転を心がけていますが、転ばぬ先の杖ということで。


キザシって取り締まる側じゃないの?

という馬鹿馬鹿しいツッコミは激しくスルーします。
我がキザシ様は変態向けなので、やらかすと取り締まられる側です。

購入したのはCOMTEC ZERO 73Vです。
パッケージがどピンクなので、いかがわしい商品かと勘違いしそうです。
CIMG8938.jpg
まあ、取り付けに関して語るところはありません。
ケーブルを内張りやパッキンに隠すように配線するところが工夫点ですかね。
という感じで取り付きました。
CIMG8937.jpg

もうすでに写真には写っていますが、クルマが持つ細かい情報が取得できています。
普段は大雑把にしかわからないエンジン水温や回転数などを数字で確認できます。
これがOBD-Ⅱの力です。
レー探を付けたのもべ、別に取り締まりが怖いんじゃないんだから!
OBD-Ⅱから得られる情報が知りたかっただけなんだからねっ!

CIMG8935.jpg

なお、COMTECの適合表には当たり前のようにキザシの名はありません。
この機種を買ったのもある意味ギャンブルでした…。
OBD-Ⅱの吐き出すコードはメーカーごとに独自の形式で、かつ、エンジン型式ごとに共通となっていることがほとんどです。
COMTECのOBD-Ⅱコネクタは、ディップスイッチのパターンでその違いに対応しています。
スズキで見てみるとほとんどが「9」になっているのがわかるかと思います。
一方で、モデルが同じでも年式が新しいと「14」になっています。
平成20年頃から切り替わっている感じなので、平成21年~のキザシなら「14」の設定でイケるのでは?という判断で購入に踏み切りました。
同じエンジン搭載のエスクード(TDA4W)が適合未調査というのが最後まで不安要素でしたが…。
狙い通り、「14」の設定で見事に起動。
無事にOBD-Ⅱ由来の情報も取得できることを確認できました。


というわけで朗報。
エスクード(TDA4W)もCOMTECのレー探でOBD-Ⅱ接続できますよ!
キザシ向けに発信しても誰も得しないからね!
ま、エスクードも大概か。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。