上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CBR600F総走行距離:23022km


使い切ってのタイヤ交換は何年振りでしょうか(挨拶
パンクさせて交換を余儀なくされる経験が多すぎでした。

というわけで、ツーリストとしてコレ以上ないタイヤであるブリジストンT30へスイッチです。
前回の交換が5730kmのとき。
この時履いたのが同じくブリジストンのツーリングタイヤBT-023でした。
計算すると約17000kmの使用です。
そうして使われたタイヤの状態はこんな感じ。
CIMG8784.jpg CIMG8785.jpg CIMG8787.jpg
まずはリヤタイヤ。右、左、センターの状態です。
全体的に「まだ使える」という状態ではありますが、来たる夏のツーリングに向けての慣らしを考慮しての交換です。
基本的にガバ開けをしない(≒できない)ので17000km走ってもこの程度だと言えます。
グリップも必要十分にあって、それでいてこの耐久性はさすがブリジストン。

CIMG8788.jpg CIMG8790.jpg
続いてフロント。
フロントはまだまだ使えますが、前後銘柄変わるのはバランス的によろしくないとの判断で交換です。
基本的にフロントブレーキをしっかり使えていない(≒使えない)のでこの状態。
私の使い方なら20000kmオーバーは余裕のタイヤでしょう。


というわけで、T30の話題へ。
IMG_141111.jpg IMG_141119.jpg
リヤは製造2014年16週。
IMG_141139.jpg IMG_141150.jpg
フロントは製造2014年10週。

100kmくらい運転した感じではBT-023と比較して…。
・ちょっと固い?空気圧が高いのかな?圧調整は店任せ。
・ロードノイズが大きい?フロントからガーガー聞こえる。
・体感できるレベルで小刻みに左右に振られる。平行移動でジグザグ走らされている感。

とは言え、夏の高速ではまっすぐ走っているだけなのにセンターに消しカスができるほどのポテンシャルを持ったタイヤであることはこの目で確認しているので、期待はしています。
身体とバイクを慣らして、夏はのびのび楽しめるように準備をしておきます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。