春の四国ツーリング Part1 ~愛媛~
春の四国ツーリング Part3 ~祖谷渓~
春の四国ツーリング Part4 ~室戸岬→鳴門~


春の四国ツーリング2日目。
高知県の左半分を楽しむ旅です。
今回のツーリングの目的はほぼこの日に凝縮されています。
まず宇和島からR320を東へ。
途中、道の駅森の三角ぼうしのある交差点を右に折れてR381を走っていれば、
自然と四万十川をなぞるような道を快走できます。
CIMG8532.jpg

さて、この時節にR381を通った最大の目的はここ。
CIMG8538.jpg

CIMG8535.jpg

CIMG8541.jpg CIMG8547.jpg

四万十川を挟んだ両岸の山に渡された多数の鯉のぼり。
端午の節句を控えたこの時期にしか見られない絶景です。
四万十川沿いを走っていればいくつかこのような風景は見られますが、この規模は最大ではないでしょうか。

ちなみにここはパチ屋の駐車場ですが、開店前に行くことによって民度の低い連中とも鉢合わさず。
むしろ人っ子一人いませんでしたw
贅沢に駐車場を使い切り、納得ゆくまで写真撮影に勤しみましたw
惜しむらくは快晴ではなかったこと。
やはりこういうものは快晴の青空の下で見たいですね。


この後は少し早い昼食を摂りにやって来ました黒潮一番館。
鯉のぼりならぬ鰹のぼりがお出迎え。
CIMG8552.jpg CIMG8551.jpg

そして、やはりこの時節に高知を訪れたのもこれが目的。
CIMG8554.jpg
カツオのたたき定食。
しかも初鰹!


CIMG8557.jpg
この脂ののった鰹の身がたまりません。
ここは注文を受けてから1本をさばいてくれるので鮮度も抜群。
昨年もそうでしたが、やはり塩で頂くのが絶品。
本当に美味しかった。


さて、鰹祭りはまだ終わりません。
次に狙うのは道の駅ビオスおおがた。
察しのいい人はわかるかもしれません。
CIMG8563.jpg
カツオたたきバーガーです。

CIMG8569.jpg
中身はこんな感じ。
注文を受けてから1個1個手作りしてくれているようです。
味は決して残念なことはなく、ちょうどいい塩気とマヨネーズ、大葉の風味が絶妙にマッチ。


さて、ここまで保っていた曇り空もちょくちょく雨模様に…。
降ったり止んだりでめんどくさい天気になりました。
そんな状態で四国最南端、足摺岬に到着。
CIMG8582.jpg

佐田岬とは違い、展望台に登ると灯台を拝めます。
CIMG8581.jpg CIMG8572.jpg

そして展望台に鎮座する最南端ポイント。
佐田岬はこういう親切さがない(憤怒)
CIMG8578.jpg


ここから足摺スカイラインを経て、R321通称足摺サニーロードへ。
CIMG8591.jpg CIMG8601.jpg CIMG8603.jpg
百名道ポイントもしっかり頂きましたが、愛車の撮影ポイントとしてオススメなのは叶崎の前に掛かる大津大橋をバックにできるところでしょう。


サニーロードを走破する頃には雨が降り続けるようになったため、いくつかの絶景に足を留めることなく目的地を淡々と目指しました。
まずは佐田の沈下橋。
四国に居ればあちこちで沈下橋を拝めますが、ここはなかなかの大きさ。
この距離でずっと欄干がないのはかなりのスリルです。
川まで結構な高さもありますし…。
CIMG8608.jpg

そして、いい思い出でいっぱいの横浪黒潮ライン。
しかし今回は完全に雨。ぬことの再会ならず(´・ω・`)
CIMG8610.jpg



そんな感じで高知市内の宿に着く頃には本降り。
濡れネズミになりながらチェックインを済ませ、晩飯も適当に。

そんなことより、次の日の目的地だった太平洋側は、どのチャンネルを見ても豪雨の予報。
命の危険を感じた私はルートを北西に変更することを決断しました。
そんなこんなで、チューハイを片手に2日目終了。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック