春の四国ツーリング Part2 ~高知~
春の四国ツーリング Part3 ~祖谷渓~
春の四国ツーリング Part4 ~室戸岬→鳴門~

ツーリング走行距離:1951.7km

去る今年の春季長期連休は、昨年の夏の舌の根の乾かぬうちに再び海外、もとい四国へ行って参りました。
昨年はツーリング計画力が未熟だったゆえにチャレンジできなかった道を制覇することが目的です。
今回は3泊4日の旅。

まずは初日、みかん県へ。
山陽道をグイグイ進んで、やって来ました「しまなみ海道」。
道中は高い頻度で絶景に出会えます。
CIMG8440.jpg CIMG8443.jpg CIMG8450.jpg
ゴリゴリ進んだため写真は来島海峡SAでのみ撮影しましたが、
道中の撮影ポイントとしては、瀬戸田PA(下り)から臨む多々羅大橋が良いかと。
PAの端まで寄れば多々羅大橋をバックにいい写真が撮れそうです。


しまなみ海道を抜け、バリィさん市からR317を通って道後温泉へ。
CIMG8470.jpg

CIMG8451.jpg

バイクは道後温泉本館の真裏にある観光案内所?の前に停めていいらしいです。
このすぐ側にある公衆トイレはヒノキの香りが漂う心地良いトイレとなっております。オススメ。
CIMG8458.jpg

CIMG8472.jpg CIMG8473.jpg CIMG8460.jpg
CIMG8464.jpg CIMG8466.jpg CIMG8468.jpg

温泉街らしい駅舎。
坊っちゃん列車が停留しているタイミングをうまく狙えました。
CIMG8477.jpg CIMG8480.jpg CIMG8470.jpg

そして何より、温泉街と言えば…。
1398567167726.jpg
土産物屋のおばちゃんに、やんわりとした言葉で「キモオタうぜぇ」的なことをグチグチ言われたことは一生忘れません。


さて、ノスタルジックな風景を堪能したあとは次なる目的地へ。
狙うのは四国最西端、佐田岬。

まずはR378夕やけこやけラインを走行。
道中、道の駅ふたみにて愛媛名物じゃこ天を賞味。
揚げたてアツアツで食べるのに難儀しましたが、なかなかどうして。
すり身の天ぷらの域を出ない名物()でした。
CIMG8489.jpg

夕やけこやけラインを走破し、ドン付きはR197との丁字路。
R197を北西へ進むとほぼ一本道で佐田岬の方へ行けます。
途中、道の駅瀬戸農業公園にて写真撮影。
いわゆる、日本百名道:佐田岬メロディーラインの撮影ポイントです。
CIMG8493.jpg
メロディーラインの謂われはググっていただければわかりますが、
路面に細かいデコボコ舗装がされており、クルマが通るとガーっという音が鳴ります。
高速の外側線とか、一般道のイエローラインとかにあるようなやつですね。
そのデコボコの間隔をうまく調整することで、音楽のように聞こえるという仕組みです。
残念ながらバイクでは…。エンジン音や風切り音等の関係でほぼ楽しめません。
静粛性の高いバイクならあるいは。GL1800とか。
傍から聞いてると面白いのは、車種によって音色が変わるところでしょうか。
極一般的な普通車は意図した音色が出ている印象ですが、高級セダンなんかが通ると低音になります。
タイヤの吸音性能とかが影響しているんでしょうか。興味深いです。


道の駅から佐田岬へ進むわけですが、またここからが遠いです。
R197は三崎港のフェリーターミナル前で終了。
r256へ切り替わりますが、ここからはほぼ一本道とは言え狭路祭りです。
かつブラインドコーナーばかりで速度は上がりません。根気のいる道です。
CIMG8496.jpg CIMG8499.jpg
そしてようやく辿り着いた佐田岬。
すさまじい強風と微妙な曇り空で迎えてくれました。
しかし真のゴールはここではなく、歩いて片道1.8kmとのこと。
やってられないので写真撮影をして早々に退散することに。
あくまでも「自動車が進入できる四国最西端」を踏破したということで満足してます。

次は夕やけこやけラインの夕焼け小焼けを狙うために、来た道を引き返します。
夕焼けまでは時間があった上に、この曇り空では夕焼けは拝めなさそうだったので、佐田岬の風車群に寄り道。
CIMG8505.jpg
Googleカメラのぼかしで遊んでみたり。
レンズが暗すぎて話になりませんが。明るさをレタッチすれば使える?
IMG_20140427_154905.jpg


そして再び道の駅ふたみから。
おそらくこの様子では夕焼けはやっぱり期待できなさそう。
CIMG8518.jpg

仕方がないのでリア充プレイスを満喫するために海岸沿いを散策。
爆発の聖地の石碑が鎮座しています。
お手々繋いだ幼稚な愚か者共にはRPGをお見舞いしたい。
CIMG8516.jpg

なんというか不完全燃焼なので夕やけこやけラインの写真でも。
ほぼ全線こんな感じで海岸線沿いに直線とゆる~いカーブで構成された素晴らしい道です。
故に、走り慣れた地元トラック・ダンプの速度がキチガイじみてますが。
CIMG8520.jpg


そんなわけで、初日の走行に伴う観光はこれにて終了。
宇和島にある宿へ目的地をスイッチ。
場所は宇和島リージェントホテル。
屋根あり駐車場なのでバイクツーリングにはうってつけのホテルです。

チェックイン後、駅前へ繰り出し宇和島の名物を頂きに。
有名なお食事処かどやにて、宇和島式鯛めしを賞味。
IMG_20140427_202835.jpg

ダシと玉子をかき混ぜ、そこに鯛の刺身を漬け込みご飯へパイルダーオン。
ダシも適量ご飯にかけて、一気にかき込むという海賊スタイル。
決して鯛の刺身on卵かけご飯などという感想は抱いておりません。
IMG_20140427_203018.jpg

IMG_20140427_202133.jpg ポン酒を片手にねw


というわけで1日目終了。
翌日は天気が怪しい中、行軍を続けます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック