CBR600F総走行距離:17618km

新年になって、ドレスアップ欲が異様に湧いてきたので、
欲望を思うままに解放しました。

人によっては不快に思う変更もしているため、閲覧注意。
まずはナンバープレートフレームを導入。
購入したのはDRC アルミナンバープレートホルダーのシルバーです。
ちょちょいとナンバー外してフレームに付けて元に戻すだけのお手軽ドレスアップ。
言われなきゃわからない、完全に自己満足の一品です。
CIMG8183.jpg CIMG8212-e.jpg
下側にある爪は絶妙な隙間なので、ビビることはなさそうです。
しっかり差し込んでやりましょう。
フレームもしっかりしており、剛性感バッチリ。
東北でハレ珍に追突されてもナンバーが曲がることはないでしょう。

なにより、BLOGに写真をうpする者としては、裏側からナンバーが読み取れないのが◯。
アングルによっては上下それぞれ1ケタが読み取れちゃう画像とかありましたからね…。
あ、探さないように。


もひとつナンバー周りのドレスアップ。
それがナンバー灯のLED化。
使用したのはバイクセブンでひっそり売られていたLED'S LS-02Wです。
真下に向けて発光するようにLEDが配置されているため、ナンバー灯に最適です。
2個入りですが使用するのは1個のみ。
CIMG8222.jpg CIMG8214.jpg
左が純正球、右がLEDです。
LEDは指向性が高いため広がりは少ないですが、その白さがなんとも先進感。
これもまた自己満足ですね。


さて、こっから閲覧注意。


















最後のドレスアップがポジションランプのLED化です。
カタログ写真でロクエフを見た時から気になっていたのは、ポジションランプ部のレンズがやや青みがかっていたところ。
デザイナーの真意として、ポジションランプは青くしたかったんじゃないかと。
というわけで投入。
CIMG8153.jpg CIMG8160.jpg
左純正、右LED。

うへえーーー!

チャラい!
バカスクと同レベルのイカ釣りっぷり!
正直やり過ぎた感がありますが、これはこれで表情に個性が出たのでOKです。
真似をしたいがこれはちょっと…っていう人は色温度で青を出すのがよさそうです。


ちなみに、道路運送車両法の保安基準的には問題なし。
「ポジションランプ(車幅灯)」と言えども、二輪車にはポジションランプ搭載義務無し。
青くなってしまったこのランプの現在の法的扱いは「その他の灯火」に当たります。


2014年、ロクエフたんはこんなスタイリングで日本を駆け回ります。


あ、不快なのに間違えて読んじゃった人に向けて、小ネタを置いておくので笑って許してください。

CIMG8156.jpg
オ ッ ド ア イ 仕 様



以上!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/02(Sun) 23:33 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/25(Tue) 23:44 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック