上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絶食系を超越し、仙人系へと昇華した私に、セルフクリスマスプレゼント。
まずは冬ジャケ。
GOLDWIN GSM12252 GWS Neo Euroショートです。
CIMG8091.jpg CIMG8094.jpg CIMG8095.jpg

3年使った前ジャケットとの決別。
全体として満足感は高かったのですが、細部が安かろう悪かろうでした。
それが外側から明らかにわかるものだから尚更たちが悪い。
段々みすぼらしく見えてきたので、夏ジャケに続きゴールドウィンへ。
今度は被視認性を考慮し、白が多めのカラーをチョイスしました。

【防寒性能】
アウターでガッチリ防風してます。
ベンチレーション用のファスナー部から吹き込んでくるかと思いましたが、現状その感覚はありません。
まあ中に着込んでるからだと思いますが…。
保温については中のデタッチャブル防寒ライナーの役割らしいですが、効果の程は不明。
クニウロウルトラライトダウンも驚くほどのペラペラなので…。
そもそも感じ方に個人差のある部分なのであまり詳しくインプレしても仕方ない気もします。

【サイズ感】
スーパースポーツ向けと銘打っているだけあって、着心地はややタイト。
それでも、中に着込む運用でも私(170cm 55kg)にはMサイズが妥当でした。

【ポケット】
外側2箇所、内側1箇所。必要十分です。

【プロテクション】
とりあえず付けましたという厚みのものが肩・肘・背中に。
コケなければどうということはない。

【重さ】
軽いです。
プロテクターやインナーをペラペラにしてるだけはあります。
アウター素材に軽い素材を採用していることもひとつの要因に。

【総評】
高価すぎるよマジで。
まあ、これより上のモデルがもっとすごい値段なのに、Made in Chinaなのが萎える。
私はChinaよりVietnamを信用しますわ。


続いてグローブ。
hit-air ウィンターグローブW6です。
CIMG8098.jpg
こちらもメッシュに続いてhit-airをチョイス。
なんとなく信頼するメーカーが決まってきました。
冬グローブらしい操作感なので可もなく不可もなく。
擦れやすい指周りがレザーなので耐久性に期待。


そして、オッサン化の殿堂、ゲルザブR
CIMG7124.jpg
ケツの痛み始めが明らかに遅くなりました。
残念ながらゼロには出来ません。
それから、ジーンズとの相性はやや悪い気がします。
ちょっと滑りやすい。その分、ケツ移動はやりやすくなりました。
バイクのシートに対しては全くズレる様子がありません。
取付もイージー。


ってな感じで。
総額5万くらい吹っ飛んでる気がします。
まあ、サンタさんが贈ってくれたからいいんですけど!


ありがとうセルフサンタさん!

以上!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。