CBR600F 総走行距離:16509km

久々のDIYメンテナンス。
分かっちゃいたけど、すさまじい重労働でした…。
スパークプラグ交換、行ってみましょう。

正直な話、CBR600Fのカウル外しの方がメインのような気もしますが…。
大まかな手順としては、
①カウル外す→②タンク持ち上げる→③プラグ交換する→④元に戻す
って感じです。

というわけでまずは、カウル類を外します。
カウル類を外すのに必要な工具は車載工具の5mm六角レンチだけでOK。
裏を返せば、その他のボルト・スクリュは緩めなくてOKです。
サイドカバーを外すのはタンクを持ち上げるため。
構造的に外さなくてもイケるかも…。
外すボルトは下図参照。
緑がサイドカバー、紫がサイドカウル、青がアッパーサイドカウル(?)です。
cowl_remove.jpg

黄色で示したボルトは左右のどちらかのみ外します。
さもないと、アンダーカウルがボトッと落ちます。経験者は語る。
それから、サイドカウルを外す時はウインカーの電線も外す必要があるので、
ぼっち作業の場合はカウルを落としてしまわないように注意。

…残念でした!こっちは経験してません。

アッパーサイドカウルは完全に外さなくてもタンクを持ち上げられるくらいの隙間は作れますが、プラグ交換作業中に邪魔になってきたので外しました。
追加で外す2本がこちら。
CIMG2888.jpg CIMG7087.jpg
スクリーン交換時に外したカバーと、その裏から現れる1本です。


これでプラグへアクセスできる隙間が出来ました。
タンクには色々追加ステーが付いており、CB600Fとタンクを共通化できない理由はここにあるようです。
CIMG7112.jpg

最後にタンク前方の8mmボルト2本を外し、タンクを持ち上げます。
持ち上げていくと、タンクとフレームがワイヤーで繋がれており、上がる量が制限されています。
それもそのはず、タンク後方の謎のステーがレギュレータBOXに干渉し、物理的に上がりません。
というわけで、タンクの保持には車載工具を使用。
これは'07ホーネットのサービスマニュアルに載っている公式の手法です。
CIMG7073.jpg CIMG7092.jpg
クルマのボンネットのつっかえ棒みたいだね!


というわけで、カウル外し~タンク持ち上げが完了しました。

しかし、ここからが本当の地獄だった。
写真を撮るのも面倒くさくなるくらい、整備性が極悪。
とは言え、始めたからにはやり切るしか道はない…。
突っ走ろう。

今回ご用意致しましたのはご存知DENSO イリジウムパワー IUH27です。
4発でもメゲない挫けない。
とある通販サイトで半額で手に入れましたからね。
VTRの必要分を定価で買う場合と同じ分しか掛かってないと思えば痛くも痒くもありません。
CIMG7104.jpg

ではプラグキャップを引き抜きます。
CIMG7108.jpg


パキパキっ

…?

なんか長いな……。


CIMG7111.jpg
長すぎワロリンティーヌwwww
え?コレ普通なの?
600RRがどうなってるのか知りませんが…。

とまあ、このプラグキャップの長さも作業を地獄たらしめている原因でして…。
外側2気筒(#1、#4)はいいとして、内側2気筒(#2、#3)が鬼畜。
ましてやロクエフたんはホーネット譲りのモノバックボーンフレーム。
内側2気筒のちょうどいい感じの真上にフレームが通っているため、プラグキャップを抜く隙間が少ない!
さらに、環境性能のためか知りませんが、とにかくチューブ・ケーブルだらけ。
手指が入る隙間もなく、車載工具を駆使してちまちま回していくしか無いのでした…。

もうこの作業に二度目はない。
プロにやってもらうに限りますわ…。


最後に、恒例の比較……は上記理由から用意してません。
外した後のプラグを観察してみました。
CIMG7114.jpg CIMG7116.jpg CIMG7119.jpg
右から#1~#4。
#3以外は負側電極が摩耗気味。
まだまだ使える感じではありましたが、精神衛生上の交換ということで。
これで久しぶりにイリジウム教の仲間入り。


以上!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
プラグ交換は縦置きV4か水平対向エンジンが一番だね!
という訳でプラグ交換が容易なGLかSTXを買おう!
2013/11/24(Sun) 11:05 | URL | NT | 【編集
>>NTさん
でもその2台の場合、整備と呼ばれるものは自分でやらないですよね?
2013/11/24(Sun) 21:31 | URL | SenMoe | 【編集
はじめまして。同じ車種に乗っていますmezと申します。
先日、エンジンスライダーをつけるためにサイドカウルを剥がしたのですが、このブログのカウルのボルト一覧写真に大変助けられました。ありがとうございました。
私1人でしたら時間も手間も倍以上掛かってた気がします。
ろくえふさんのメンテ等、勉強させていただいてます。特に今回は本当に助かりました。
2014/07/06(Sun) 13:13 | URL | mez | 【編集
Re: タイトルなし
>>mez さん
このような自己満足備忘録がお役に立ったのであれば僥倖です。
エンジンスライダーを「使って」しまうことがないようにロクエフをエンジョイして下さい。
2014/07/06(Sun) 18:28 | URL | SenMoe | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック