上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏の四国ツーリング Part2 ~鰹~
夏の四国ツーリング Part3 ~四国カルスト~

ツーリング走行距離:755.0km


盆休みが明けて早1週間。
働きたくない気持ちで胸一杯の今日この頃。
皆様いかがお過ごしでしょうか。


去る盆休みには、遙か海外、「四国」へツーリングへ行って参りました。
旅の目的は以下のとおり。

1.うどんを喰う
2.カツオを喰う
3.山を堪能する


そんな感じで、まずはうどんを喰うためうどん県へ。
海外への渡航手段はフェリーです。
同行者に125ccが居るので高速は不可ということからの選択です。
神戸発⇒高松着のジャンボフェリーを利用しました。
夏は特別便のため、小豆島を経由する航路です。

神戸を離れ、明石海峡大橋の下をくぐって一路四国へ。
CIMG5939.jpg CIMG5951.jpg

ひと眠りしたら中継ポイントの小豆島へ到着。
ここにはいずれ上陸することになるでしょう。
CIMG5957.jpg CIMG5963.jpg

そこからさらに1時間。
いよいよ四国の大地、香川県は高松市へ上陸しました。
もちろん、記念撮影。
CIMG5970.jpg CIMG5981.jpg
おっと、紹介が遅れました。
今回の旅に付き合ってくれた馬鹿野郎たちです。

右から
獅子さんのXELVIS
私のフル装備ロクエフたん
威風さんの中華125ccスワップMAGNA50です。

絶版&部品供給なしの中古車、
非正規輸入車、
信頼性皆無の中華エンジン&ワンオフパーツの塊
という、誰一人まともなバイクに乗っていないという馬鹿が勢揃いです。


さて、写真撮影にも満足したので、お目当てのうどん屋へレッツゴー!

…というところでトラブル発生
突如、XELVISのエンジンが掛からない状態に。
え?さっき船から降りる時は調子よかったですよね?
キーONするも、あらゆるランプが点灯せず。こんな一瞬でバッテリ上がり?
そんなバカなと、真っ昼間の炎天下、3人交代で巨体XELVISを押しがけするも、無反応。

しかし、幸いにもここはフェリーターミナルのど真ん中。
ジャンピングケーブルを借り、マグナから供給すると一瞬で復活・点火!
とりあえず本当に復活したかの確認のため、一旦キーOFFして、再度ONしてセルを回す。
すると、あっさり元気に回るセル。
ただのバッテリ上がりにしてはあっさりと電圧回復している様子。
確かめるとバッテリ端子のネジが緩んでたようなので、その接触不良が原因と勝手に納得。
ネジを締め直して、押しがけでヒートアップした身体をフェリーの待合室でクールダウン。


一息つけたので、気を取り直して出発!
いざ、うどん屋へ!



あっ…お目当てのうどん屋が定休日だ…\(^o^)/



というわけで、目当てのうどん屋へ到着!(何事もなかったかのように
いくらでも潰しが利く、それがうどん県。

大きな地図で見る
CIMG5991.jpg CIMG5983.jpg
私は「かけ」を頂きました。150円。
うどん巡り野郎共の評価はどうか知りませんが、
いりこダシがよく効いており、美味しくいただけました。


さて、うどんでお腹を満たせたところで、デザートを食べに行きましょう。
路面の照り返しでジリジリとクソ暑いので、アイス食べよう、アイス。
ってなわけでやって来ました、道の駅「滝宮」です。
CIMG6006.jpg

ここに何があるのか?
それは…


CIMG6000.jpg
デデーン

みんな大好きネタグルメ!
うどんアイスには、工程不良により刻んだうどんといりこが混入しています!
ちなみに、ネタ度には3段階あり、
1.さっぱり
2.純こってり
3.超こってり
とあります。
まあ、当然超こってりを選ぶわけで。
威風さんに至っては、「一番残念なのは?」と店員に聞いてから超こってりを注文するチャレンジャーっぷり。
しかしまた、一番売れ行きがいいのも超こってりというジレンマ。

というわけで、3人揃って超こってりを賞味。
パクっ…




え?
なにこれは(ドン引き







全然不味くないやん(キレ気味

あまりの期待外れっぷりにリアルでブチ切れてしまいました。
こんなのじゃない、残念さが全く足りないとブツクサ言いながら完食しましたとさ。
私が人生で経験した最も残念なアイスは道の駅うずしおの「たまねぎソフト」です。
あれくらい頑張ってもらわないと困ります。


で、ただ喉を乾かされただけのような感じになってしまったので、無理矢理ネタドリンクを購入。
CIMG6004.jpg
にぱー☆(ヤケクソ


さて、威風さんは初日のみ参加のため、再び高松港へ。
これからの旅は獅子さんとのふたり旅♂
お見送りを済ませたら本日のお宿のある坂出市へ向かいます。

もちろん、ただ向かうだけではつまらないので、本日の山要素を回収。
五色台スカイラインへ。
CIMG6018.jpg CIMG6022.jpg CIMG6030.jpg
夕日に染まる瀬戸内をしばし堪能。


ホテルへ到着後は歩いて晩飯へ出発。
香川県のうどん以外の名物らしい、「骨付鳥」を食べに行きました。
お酒を片手にね(*´∀`)
CIMG6033.jpg CIMG6038.jpg

骨付鳥には2種類あって、右が若鶏、左が親鳥です。
若鶏は身が柔らかくジューシー。ご飯がススムくん。
親鳥は歯ごたえがあり噛めば噛むほど旨みが増す仕様。酒のお供に。


こんなときでもなければ贅沢しないので、メシには糸目を付けない感じでこの後も続きます。



そんな感じで夜は更けていき。
続く!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。