上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
では、春の広島ツーリングレポPart2。
竹原です。
当然、目的は町並み保存地区の観光です。

決して某アニメの聖地巡礼とかそういう意図はありません。
そもそも、季節が違うでしょう。
それだけでも、安易な聖地巡礼とは一線を画しています。


あ、関係ないけど2期が始まりましたね(棒)
CIMG4913.jpg
出発は呉市中心部から。
竹原市へ行くにはR185が大変便利ですが、呉市脱出には大きな関門が…。

それが休山トンネル。

大きな地図で見る
延長1706mという長さがありながら、片側1車線、主要幹線道路であるため、低速かつ渋滞が常。
故に大変空気がよろしくない。
ライダー殺しなトンネルでした…。

さて、朝駆けしてやることといえば、山登りですよね

やって来ました野呂山。
天気がよく、瀬戸内の海も輝いていました。
たまには人間も写してみたり。
CIMG4336.jpg CIMG4350.jpg
CIMG4398.jpg CIMG4411.jpg


さあ、では行ってみよう。
バイクは道の駅たけはらへ停め、竹原町並み保存地区へ。

CIMG4425.jpg CIMG4421.jpg CIMG4423.jpg
かの有名な日の丸写真館。
ガラスケースの中は日焼けですっかり色褪せてしまっています。

CIMG4438.jpg
劇中で「私達展」が開催された旧笠井邸。
中には入ってません。

CIMG4450.jpg CIMG4451.jpg
土産物屋。
たまゆらグッズ…というかももねこ様だらけ。
このあともあらゆるところにももねこ様が出没します。

お好み焼き「ほり川」。定休日水曜です。
劇中では「ほぼろ」として幾度と無く登場するお店ですね。
CIMG4488.jpg CIMG4489.jpg
CIMG4479.jpg CIMG4480.jpg

広島県観光大使の有吉ひろいき氏もメニューおよび客の痛々しさに苦笑い。
CIMG4482.jpg CIMG4484.jpg

当然、ここで昼食。
当然、ほぼろ焼きを注文。
CIMG4496.jpg CIMG4495.jpg CIMG4501.jpg

それだけでは芸がないので、峠下牛の鉄板焼きも同時注文。
美味しくいただきました。
CIMG4490.jpg

なお、お料理を待っている時間は、ぜひコミックスたまゆらをどうぞ(宣伝)


腹もココロも満ちたところで、観光の続きを。
CIMG4486.jpg
ほり川を道路挟んで反対側には西方寺。
1期はもちろん、2期2話でも登場しました石段です。

cafeたまゆらのモデルとなっているお店。
この日はお休みでした。
CIMG4526.jpg

憧憬の広場。
奥には竹で編まれた鯉が。
CIMG4534.jpg CIMG4545.jpg

憧憬の広場横の路地から、かかえ地蔵へ。
CIMG4539.jpg CIMG4541.jpg CIMG4540.jpg
CIMG4553.jpg CIMG4554.jpg
リア充。願い事はなんですか(^ω^)

劇中でもちょくちょく出てくる胡堂。
CIMG4597.jpg

すぐ横の喫茶店にはももねこ様が登場。
CIMG4576.jpg CIMG4579.jpg

竜頭山照蓮寺。
ぜひ大晦日にはここで鐘を撞きたい。
CIMG4625.jpg CIMG4626.jpg CIMG4628.jpg

酒造交流館。
2期でいきなり出てきてテンション上がりました。
この程度で一喜一憂するほど、1期を真面目に観てませんでした。
やや反省。
CIMG4643.jpg CIMG4644.jpg CIMG4646.jpg

そして、普明閣へ。
確かに竹原の町が港まで一望できます。
CIMG4699.jpg CIMG4690.jpg
CIMG4693.jpg CIMG4711.jpg


ほどほどに登山も終えて、お次は竹原駅へ向かうため商店街へ。
ここから急激に痛々しくなります。
まずはでかでかとポスター。
CIMG4725.jpg CIMG4721.jpg

さらに、あらゆる店舗がたまゆらグッズを売り出し中。
文具屋、婦人服屋、紳士服屋、お菓子屋まで。
CIMG4735.jpg CIMG4760.jpg
CIMG4761.jpg CIMG4763.jpg

ベンチにはいい男…もとい、ももねこ様も鎮座。
CIMG4732.jpg

よく見れば、商店街の屋号看板もももねこ様でした。
CIMG4737.jpg

そして、商店街の目玉といえばやはりコレ。
ももねこ様モニュメント。
二重に縁があるように20円捧げました。
CIMG4740.jpg CIMG4748.jpg CIMG4743.jpg
CIMG4749.jpg CIMG4751.jpg CIMG4753.jpg


そんな感じで竹原駅へ到着。
CIMG4771.jpg


CIMG4772.jpg




とまあ、こんな感じです。
1期をまともに見ていて、記憶も新しければもっと気持ち悪くレポート書けたかもしれません。
しかし、そうなるとおそらく現地でも相当なキモさを発揮してしまうことが容易に想像できるので、この程度のにわか感で聖地巡礼したほうが私にはよいと思われます。


おっと、聖地巡礼ではありませんでしたね。


ただ、2期を観ていて、この目で見た景色がちょくちょく現れるたび、普通ではない感覚に襲われます。
劇中の舞台をこの目で見て、この足で歩いたんだなぁ…という郷愁感?
別に地元でもなんでもないのにね。
これが聖地巡礼の醍醐味か。


※注:聖地巡礼ではありません。


夏は軽井沢か?木崎湖か?
宇宙人に襲われたらどうしよう!(フラグ

以上!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
この夏は四国でしょ!
極道の人魚に求愛されたり、道後温泉で頭のでかいBBAに浅ましい姿を見せて豚に変えられたりしないと!
2013/07/27(Sat) 19:23 | URL | NT | 【編集
>>NTさん

どっちもルートにかすりもしなくてワロタ
2013/07/28(Sun) 17:04 | URL | SenMoe | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。