ツーリング走行距離:511.7km


日を追うごとにウザいサイズになっていく広告だな。
まあ無料でやらせてもらってるから文句を言える立場にはないけどさ。


ってなわけで、今月初めに行ってきたツーリングレポを今書きます。
梅雨入り前の清々しいタイミングで、突発で高山へ。


「飛騨高山」ってなんですかぁ!?
サクッと高速で降り立ったのは郡上八幡。
「BikeJIN-培倶人-」絶景道ランキング50にランクインのせせらぎ街道を目指します。

途中、道の駅「パスカル清見」にて休憩。
日差しも柔らかく、山中であるためそこそこ肌寒い気候でしたが、
大変ネタになる珍しいソフトが合ったので賞味。
CIMG4859.jpg
左は私が食した「ラベンダーソフト」。
色はアレですが、味は普通。一口目は確かにラベンダーですが、
冷たい刺激と慣れで感覚が麻痺し、二口目からはただのミルクソフトです。

右にちらっと見えるのは「トマトソフト」。
トマトジュースが嫌いな癖に、明らかにネタな匂いに逆らえない素晴らしい精神力の持ち主、NTさんです。
一口目を食した直後の「マジ引くわー」という感想がすべてを物語ります。
「二度目はない」という締めの一言が、このソフトが当たりであったことを予感させました。


そんな感じでせせらぎ街道へ。
CIMG4863.jpg CIMG4865.jpg

途中、ツーリング集団が交通整理しているところに遭遇。
非常駐車スペースには群がる人と救急車。

あのさぁ…。
折角の楽しいツーリングなんだからさ。
取り返しの付かないレベルのトラブルを起こすなよ。
時刻も昼前。これからって時でしょ?
もっと余裕を持とうよ。



というわけで、高山市街へ到着。
ツーリング2つ目の目的、高山ラーメンを頂きます。
CIMG4867.jpg
ラーメンだけで1000円とかふざけてる(感想)


腹も満たし、古い町並みを散策。
CIMG4872.jpg CIMG4879.jpg

もちろん、遠くまで来たからにはリッチグルメも堪能。
CIMG4877.jpg
飛騨牛の握り(上級編)。
価格は、某レストランで提供される飲み水と同じです。
年収400万も無いんで、クレームが言える立場にありません。
というわけで低所得者にとっては高級ですので、NTさんと一貫ずついただきました。
とろける肉。
さすがペガサスの肉やな。
岐阜は頑張ってる。うん。


ちなみに、この日は月に一度の「我楽多市」だったそうで、リア充もいっぱい。
CIMG4881.jpg CIMG4882.jpg
子供にガン見される人力車。
当然、乗員はリア充。

CIMG4883.jpg
ティーンズBoy&Girlの如き幼稚さでお手々繋いだ愚かなリア充には安定のピーマン。




ちゅうわけで終了。
うまくメンテサイクルが被らないのでブログネタがツーリングしか無いですねぇ。
カスタム要素皆無のロクエフたんとキザシ様じゃ新規のネタも絶望的ですが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そろそろ飛騨「の」高山なのか、飛騨「と」高山なのかハッキリしてもらわんとな。
てゆーか、記事にするの遅っ!
2013/06/22(Sat) 23:05 | URL | NT | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック