前記事から明日で1ヶ月。
BLOGネタが切れたかと思わせておいて、しっかり滑り込みセーフ。

本日はなけなしの勇気を振り絞って、4輪車の試乗とやらに行って来ました。
例によって、御託を散々に並べたあとで、インプレをします。
乗ってきたのはスズキ・キザシ
スズキが3年ほど前に満を持してリリースした、珍しく日本語名を冠したフラグシップセダンです。
まあーほとんどの人はこのクルマの存在を知らないでしょう。
わからない人は素直に公式サイトを見るべし。

さて、ほとんどの人が知らないのもそのはず。
販促活動はほぼ皆無。
完全受注生産。納期は3ヶ月程度。
スズキで300万。
まあ誰も手を出さないでしょう。

そもそも、
スズキに高級セダンなんて作れんのかよwww
ワゴンRにでも乗ってろハゲwww

と思う人でスズキディーラーは満たされていることでしょう。


いいですか皆さん。
あなたのそのクルマ、駐車場に停めてどれが自分のかわかりますか?
船積み前の港のような光景になってませんか?



まあプリウスのことなんですけど(笑)


要は私が普通のクルマ選びは嫌だとか希少車マニアだとか、めんどくさい価値観を持っているのがそもそもの問題です。
そこに来て、どうしても300万クラスで装備てんこ盛りのセダンタイプのクルマが欲しかった私には、キザシはうってつけの存在です。

てな感じで、ほぼコレしかないという心持ちで試乗に臨んできました。


さて、ディーラー周辺をぐるぐる回った感じでは高級セダンというよりは、重厚感のあるスポーツセダンといった趣き。
特にステアリングの感覚が、街乗りですらシャープに入る感じがあります。
おそらくこの感覚をもたらすのは極太大径タイヤのおかげでしょう。
スペック上のサイズは235/45R18。タイヤ代だけで泣きを見そうな未来が見えます。

加速感も必要十分。
変速形式がCVTで、発進がタルいというインプレがネット上に転がってましたが、私はそうは感じませんでした。
プロだとか、いろいろなクルマを乗り継いだ人とか、感覚を研ぎ澄ませれば「タルい」のかもしれませんが、「制御された加速」という印象です。
むしろ、私にとってはトルコンATの方が「タルい」気がします。
CVTは「の~~~~~~~~」という加速。
トルコンATは「モ゛~~~~ヴンッ!も~~~…」という加速な感じです。
ええ、わからないでしょうこれじゃあ。
わからなかったら勇気を振り絞って試乗する。ただそれだけの話です。

一方、足回りは高級セダンから程遠い位置にあり、結構ゴツゴツしてます。
試乗で踏切通過もしましたが、頭が左右にぐわんぐわん振られるくらいには堅いです。
それもそのはず。
某国の某公共放送の某クルマ番組の司会者の一人である某キャプテン・スローがお嫌いなドイチュの高速ワインディングテストコースで鍛えられた足回りですから。
まあ、インプレ冒頭でお伝えしたように、スポーツセダンとして見ればシッカリしていると思います。


と、長々と語りましたが、試乗ではとてもこのクルマのすべてを知ることはできません。
実際に所有してみなければ、素晴らしい点もネガな点も見つかるものではありません。
ですが、希少車&装備てんこ盛りジャパニーズセダンという条件が揃うのはもはやこのキザシだけ。
憎いところも可愛さのうちです。


てなわけで試乗は終了。
2輪サイコー4輪(゚⊿゚)イラネと思っていた時期が私にもありました。
ですが乗ってみれば4輪も面白い。
なんというか、内燃機関を利用してタイヤを転がし、操縦する乗り物はすべて楽しい。
嗚呼、来たれ6本足生活。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック