上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は便利グッズのご紹介!

ProTOOLs製ローラースタンドです!
CIMG1322.jpg
私がVTR時代に使っていたメンテナンススタンドはETHOSのローラー無し。参考画像→
あの150kgそこそこのVTRですらそこそこ踏ん張らないと上がってくれませんでした。
それが今ではCBR600Fです。210kgです。
やってみましたが上げられる気が全くしませんでした。
テコという素晴らしい倍力装置を以てしても、たかが55kgの力点荷重では無理があります。
そもそもスタンドから悲鳴が聞こえた気がしたので諦めました。
そして出稼ぎの拠点においてこんな巨大なものを保管する場所なんて捻出できません。

てなわけでスタンドは置いてきたのですが、チェーンドライブという動力伝達機構を採用している以上、チェーン清掃・注油という義務が発生します。
どうせシャフトドライブ厨が湧いてきますが、なんら動じません。ホントです。
仕方ないので、

一部清掃しては車体を転がし、清掃しては転がし…。
注油しては転がし…。
余分な油分を拭き取るためにまた転がし…。

めんどくさいわボケがあああぁあぁ!!(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

ということを経験すること2回。
マジでメンテナンススタンドを買うことを決意しました。

さて、常識で考えればJトリップ製のスタンドになるんでしょう。
耐久性やリフトアップ性がよいのは世界的にお墨付きですし。
しかし、如何せんやや高価いしデカイ
そもそもスタンドがないのは「デカイから持ってくるのを諦めたから」のはず。
これじゃ本末転倒だ。

てなわけで、手に入れたのが冒頭の写真のそれです。
早速CBRに当てはめてみました。
CIMG1329.jpg CIMG1330.jpg CIMG1331.jpg
スロープのおかげでとても乗せやすいです。
裏にゴムで滑り止めがしてあるので、乗せるときにズレることもありません。
スタンドの幅も必要十分です。
180幅のタイヤも乗せてみれば接地面積はこんなもんですね。
さて、回してみると、さすがに片手では回ってくれませんでした。
そもそも、片手で回そうとするとちょっとした不安定感を覚えるので、どうしても両手になってしまいます。
かと言って、アホほど力が要るというわけでもなく、許容範囲の力加減です。
また、やはり「接地している」ので、回した方向にちょっとした推進力があります。
それが片手で回した時の不安定感につながっているのでしょう。
不安な方はブレーキを掛けておくといいでしょう。

それから、気になる大きさはこんな感じ。
箱に積んで帰れるので推して知るべしですがw
CIMG1337.jpg
これなら置く場所に困りません。
普通のメンテナンススタンドでありがちな、
「どこで拾ってきたの!」
「そんなものうちに置けません!」
「元の場所に返してきなさい!」

などと、めんどくさい配偶者がほざき立てる心配もありませんね(b´∀`)


というかコイツのいいところはフロント・リヤを選ばないところですね。
まあ宙に浮かせるメンテナンススタンドとは用途が違うので単純比較はできませんが。
清掃目的で前後メンテナンススタンドの購入を検討されている方は、このローラースタンドひとつで解決できます。
ちなみに、全国の2りんかんで3480円で6/10まで大特価売り出し中ですのでお見逃しなく!(遅すぎ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
シャフトドライブ厨と聞いて飛んできました
2012/06/10(Sun) 21:52 | URL | NT | 【編集
ですよねwww
2012/06/10(Sun) 23:28 | URL | SenMoe | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。