上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バイクに施すべき最初のカスタムは何だ?


マフラー交換か?…否。

ミラー交換か?否。

ステッカーチューンか?断じて否。




そう、


箱だ。

CIMG0743.jpg CIMG0735.jpg
てなわけで、箱はバイクにとって必須装備です。
異論は認めない。


とは言え、私が呼称する「箱」とは無味乾燥なホムセン箱ではありません。
いわゆるパニアケースと呼ばれるものがそれです。
日本国内ではGIVIが最大手かと思いますが、今となってはかなり多くのメーカーが商品を展開しているようです。


ところで、CBR600Fは本国イタリアでは「スーパースポーツ」のジャンルのようですが、
他国では「スポーツツアラー」というジャンルで売り出されています。
私がCBR600Fを手に入れたいと思ったのも、「スポーツツアラー」というジャンルが好きだからです。
さて、スポーツツアラーに重要なことは何でしょうか?

そう、
積載性能ですね(迫真)

ただし、積載性能を高めるには「バッグ」という選択肢も考えられます。
しかし、ちょっと考えてみてください。
バッグはどうやって気密を保っていますか?ジッパーですよね。
今日びジッパーなんぞ幼稚園児でも開け閉めができます。防犯性能皆無。
雨が降ったらどうしますか?いちいちバイクを停めてレインカバーかけますか?
最高にめんどくさいですよね。

パニアケースならそれらが一発解決。
さあ、皆さんも始めましょう。パニアケース生活。



とまあ、宣伝もそこそこに。
どうせ取り付け記の需要なんてないでしょうから、無駄話ばっかりですよ。


それではようやく本題。
前述の積載性能をCBR600Fが満足することにGIVIは応えてくれていました。
GIVIのトップ&サイドのトリプルパニア化の設定があるのです。
GIVI本国サイト(英語変換済み)によりますと、CBR600F '11の設定は以下のとおりです。
・トップケース用モノラック 1102FZ
・V35サイドケース用チューブラーパニアホルダー PLX1102
要はこれらを手に入れることができれば、晴れてCBR600Fを真のツアラーへ昇華できるのです。

しかし、日本国内で取り扱いのない車種のGIVI製品を国内代理店であるDAYTONAが扱ってくれるわけがありません。
けっこうDAYTONAは融通が利きません。
…という噂を聞いているので、問い合わせすらしていません。

では、どうやって手に入れるか?
答えは簡単。個人輸入です。
しかし私は日本人のご多分に漏れず、母国語しか堪能ではありません。
カタコトの英語でメールくらいはできるかもしれませんが、とても取引なんぞできません。
そんな残念な人たちの救いであるのが「個人輸入代行業者」というものです。
ここでは利用した業者の名前は伏せることとしますが、国内の通販と同じ感覚で利用できました。
まったくトラブルもなく、拍子抜けするくらいあっさり手に入りました。
額面上の金額の他に、数千円の税関手数料が取られましたが、それでも円高も手伝ってかなりお安く手に入れられたと思います。
ただし、送料はとんでもなく高いので、小口で何回も注文するとお得感は薄れてしまうでしょう。
ちなみにここでケース類も同時に注文したので、日本国内で手配したのはベースだけです。

てなわけで、フルパニア化のために揃いましたのは以下のもの。
・トップケース用モノラック 1102FZ
・V35サイドケース用チューブラーパニアホルダー PLX1102
・E55 MAXIA3
・V35サイドケース
・M5 モノキーベース

せっかくなので、トップケースは現行最大容量のものにしましたwww

では、手短に取り付け記です。需要は少ないでしょうけど。
実際、かなり急いで取り付けたので写真が少ないのです。

取り付け構成としては、
①トップケースステーを車体に取り付けるためのステーを取り付ける
②そのステーにトップケースステーとサイドケースホルダーを共締め
といった感じです。

まずはトップケース用ステーの下準備。
フェンダーの取り外しから。
フェンダーの底は爪で留まっているだけなのでパコパコッと外していくだけでベロンとなります。
そしてシートの下からボルトを4本外してフェンダーを取り外します。
CIMG0689.jpg CIMG0690.jpg
1102FZに付属するこれらのステーを説明書に従いフェンダーと共締め。
CIMG0692.jpg
しかし、左方のパーツの左下の穴に、車体からフェンダーに延びる線を通さないとダメなので、以下の写真の白いコネクタを一旦外し、ステーパーツに通してから再び接続します。
以上でフェンダー部分は完了。フェンダーを元に戻しますが、ここはひとまず仮留めで。
CIMG0694.jpg
さらに、フェンダー前方に1102FZ付属のステーを取り付け。
トップケースステーの取り付け準備完了です。
CIMG0697.jpg
あとはちょちょいとステー及びホルダーを取り付け。
ピリオンステップの割りピンを外す必要はありますが、廃棄して構わないので好きなようにヤッちゃってください☆
CIMG0707.jpg

完了。
そんなにコジッたりしなくても全体がうまくまとまって穴が合うようになっていました。
イタリア人の仕事の割にはクオリティが異常に高い(失礼!
一番苦労したのはフェンダーの取り外しですね。
工具を回すスペースはないのにやたらと固いので舐めさすかと思いました。
そもそもヘックスレンチですし、精度悪い工具ですし…。


で、ケースをフル装備するとこんな感じです。
CIMG0724.jpg CIMG0728.jpg CIMG0732-e.jpg


ふえぇ…カッコイイよぉ…
「旅してます!」というオーラがひしひしと感じられます。
モノキーの頑強さや高級感も相まって、グランドツアラーにスポーツ性能をプラス!という感じです。
実際、これらのケースの容量は凄まじいです。無敵すぎます。
VTR時代にモノロック35リットルで「無敵すぎワロリンティーヌwww」とか思っていた自分が恥ずかしい。

しかし、車幅は凶悪に。
ハンドルはもちろん、ミラーより広いです。
ですが、自然な乗車姿勢の両肘幅よりは狭いので、それくらいの感覚を持てればすり抜けも十分可能です。
まあ怖いのでやりませんがwww
ただでさえカウルミラーの感覚にすら慣れていないのにw


というわけで、CBR600Fに施すべきカスタムはこれにて終了しました。
あとは壊れるまでメンテナンスして乗りつぶすだけです。
いやホントマジで。
そもそもカスタムしたくても専用パーツがありませんので。

ジェントルなバイクライフを楽しみます。
コメント
この記事へのコメント
パニア化に必要な基礎のフレーム(センターとサイド)は値段的にどのくらいなのでしょうか?
それとなんですが、SenMoeさんが取り付けたパニアケースなんですが…二輪館なのでも売っているGIVI製なら別のサイズも取り付け可能なのでしょうか?ご教授よろしくお願いします。
2012/10/31(Wed) 20:52 | URL | ライゼン | 【編集
>>ライゼンさん

調べ直すと以下の値段で購入してます。
トップパニアステー:16800円
サイドパニアステー:23300円
送料:10900円
計:51000円

ホントはケースも同時購入してますのでもう+8万くらいしてますがw
さらに、税関にて消費税が3000円ほど徴収されてます。
まあ関税を取られていないだけマシと考えるべきでしょうか。


>GIVI製なら別のサイズも取り付け可能なのでしょうか?

まず、GIVIには2種類のケースがあります。
「モノキー」と「モノロック」と呼ばれているものです。
参考:http://givi-jp.com/
したがって、種類さえ同じならば別容量でも取り付け可能です。

2りんかんなどの用品店に一般的に置かれているのは「モノロック」の方です。
で、私が取り付けたのは「モノキー」の方です。
取り付けのベースが全く違うので、両者に互換性はありません。

ただ、トップパニアステーに取り付けるベースによってどちらにも対応できます。
「モノキー」を付けたい場合:M5ベース
http://www.webike.net/sd/19876688/300031343147/
「モノロック」を付けたい場合:M5Mベース
http://www.webike.net/sd/19876683/300031343147/

ってな感じです。
2012/11/01(Thu) 20:44 | URL | SenMoe | 【編集
丁寧にご説明ありがとうございます…。サイドは流石に高いですね~Σ( ̄□ ̄lll)徐々に揃えるようにしてみます。。。
2012/11/01(Thu) 21:12 | URL | ライゼン | 【編集
とても楽しく拝見させて頂いてます。
参考になる事ばかりで本当にありがとうございます。

私も今月で1CBR600Fが一年になります。
サイドパニアだけを考えてますが、サイドパニアステーだけを購入して取り付けができるものなのでしょうか?
初めてのコメでお尋ねしてすみませんが、ご指導の程お願いいたします。
2014/09/07(Sun) 22:57 | URL | たかすぎ | 【編集
Re: タイトルなし
>>たかすぎさん

初めまして。

質問の件、サイドパニアステー(PLX1102)だけでは取り付けできません。
別途、1102KITという品番の部品が必要となります。
本文中で「1102FZに付属するこれらのステー云々」というものが単体で販売されているものです。


国内の輸入代行業者で取り扱いがあるようなので調べてみてはいかがでしょうか。
2014/09/08(Mon) 00:46 | URL | SenMoe | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。