当BLOGへお越しの皆様

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ当BLOGおよびSenMoeをよろしくお願い申し上げます。


はい、去年のコピペですね(爆



さて、VTRを、VTシリーズを愛してやまない方々はもうお気付きでしょう。
そう、VTシリーズは30周年なのです!

1982年6月、あのVT250Fの初期モデル(VT250FC MC08-100)がこの世に生まれました。
レースで相手をぶちのめすことを念頭に置いて開発された割には、
誰にでも扱いやすく、低燃費で、頑丈、豪華な装備で低価格
という奇跡的なマシンだったのではないかと推察します。


今となってはパワーや装備と言ったものは、環境規制や価格という壁がありますからやりたい放題ってわけには行きません。
しかし、VTシリーズの血脈はかつて頂点を目指し、されど常に出力特性の扱い易さを追い求めてきたのだろうと思います。
現代に適応したVTRは、その技術力と特性を感じるためのフィーリングバイクだと言えるでしょう(?)
パワーやスピードを求めてカリカリするんではない。

求めるな。感じろ。
Feel the REAL
The V Twin-Quarter
vtr_logo.gif






※私はHONDAの回し者でも儲でもありません。


とは言え、現代のVTR海苔が享受しているエンジン「MC15E」の登場30周年はまだもう少し先の話です。
4年後をお楽しみに!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック