こんな本を買ってみました。(STUDIO TAC CREATIVE発行)
P1000845.jpg

まさに俺がこのBLOGでやりたいと思っていることがすべてこの本の中に!

以下、適当なレビュー。
この本、メンテナンスと言っても、いわゆるバイクのメンテナンスハウツー本みたいに、
エンジン下ろしたり割ったりといったことまでは言及してません。
日常的に一般peopleでもできるような項目のみを取り上げています。
レバーやワイヤーのグリスアップ、電球・プラグの交換など。

なによりこの本のすごいのは、洗車の方法を書いてくれていることである。
でもまぁ、VTRに特化した洗車方法ではなく、ごく一般的な方法です。
もっとトラスフレームの洗い方とかさぁ…。
スイングアームの磨き方とかその辺を期待していたのに…。

とまぁ、書き出すとグダグダになるので、
良かったところ悪かったところを箇条書きで書き下しときます。
あくまで一個人の感想なので、感じ方には差異があります。

良かったところ
・作業内容ごとに段階的に写真があって、初心者でもわかりやすい
・ネットで見ていたあの人のバイクが載っている(30,000km突破おめでとうございます)
・A-TECH全部盛りの取り付けマニュアルがある
・各カスタム例、カスタムパーツに'07以前用のヤマモトレーシングマフラー無しwww

…最後のは良かったところですよ?w
マイナー…いい響きだ(笑)

悪かったところ
・Expensive!!!!(\3,675(税込))
・VTの系譜にゼルビス無し(#゚Д゚) (歴史には載っているがカタログ写真)
・正直役に立ったのはキーシリンダーへのメンテナンスくらい…
・全体的に日本語がおかしい

総評
この本は、VTR250を愛していることを証明するためのステータスアイテムである。


以上!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ゼルビスェ…
さすがマイナー車(´・ω・`)
2010/05/10(Mon) 18:41 | URL | 獅子奮迅 | 【編集
>>獅子奮迅
m9(^Д^)プギャー
天才は得てして生まれてくる時代を間違うってね…

いい加減HONDAさんはVTRの着せ替えモデルを出してもいいとおもうんだ。
FTRとかSHADOWの着せ替えやってる場合じゃないよと。

でも、VTRの着せ替えが難しいのはあのフレーム構造だな。
ピボットレス+モノサスのせいでシート下収納は期待できず。
フェアリングかぶせたら美しいトラスフレームが隠れる。

マグナみたいにエンジンは使い回せても、
フレームは新設計しないとニューモデルはできねぇなぁ…(´・ω・`)
2010/05/11(Tue) 02:26 | URL | SenMoe@管理人 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック