久々にRV125JPの話題です。

本日、こんなものを手に入れましたヽ(゚∀゚)ノ
P1020047.jpg
カーボンロレーヌMSCブレーキパッド。
RV125対応の数少ない社外パッドのひとつです。
ちなみに、私の知る限りの社外パッドは他にベスラとYAMASIDAがあります。
YAMASIDAはサイト内検索に引っかかりませんでした。
ベスラはフロントが*-994*、リアが*-995*の品番が適合です。(車名はJoyrideで検索)
カーボンロレーヌ、ベスラなら、Webikeで取り扱いがあります。


さて、手に入れた、といっても一筋縄では手に入りませんでした…。
まず、なによりマイナー車種なので、注文しなければ手に入りません。
実はこのパッドを注文したのは2009/10/11。
手に入ったのが今日なので、ざっと8ヶ月待ちました(;´Д`)
マイナーであるが故の宿命ですね。
理由は「長期欠品」で、注文した店舗も卸問屋もお手上げ状態。
月イチの入荷確認はしてくださっていたようですが、なっかなか入荷しなかったそうです。
まぁ、いい意味で捉えたら、俺のためだけにカーボンロレーヌ社が作ってくれたパッドですw


しかし、届いたのはホントにギリギリでした…。
実は、前の日曜日にフロントのブレーキパッドが終わる音がしました。
バックプレートとディスクが摺れる音が…((((;゚Д゚))))
もうそれからというもの、ブレーキをかけることに気が気じゃありませんでした。
リヤブレーキ主体で止まる恐怖感。
やむを得ずフロントを強くかけるとプレートとディスクがすりつけられる嫌な音。
終いにはリヤブレーキも終わったようなフィーリングが。
これは勘違いっぽいですが…。
ようやく安心してブレーキをかけられそうです(´▽`)


あ、ちなみに1週間ほどシンガポールまで海外出張に行って参ります。
取り付け報告はそのあと、ということで。
スポンサーサイト