上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CIMG1961.jpg


おっさん化が、加速する。




快適なツーリングがしたいだけなんです…。

スポンサーサイト
梅雨時のアクセス数稼ぎに雨装備を更新した話。

雨のお供、ブーツカバーです。
久々に「金を使いました」自慢話。

冬用インナーグローブの親指部分が薄れたり破れたりしてしまったので買い替えました。
グリップの関係でよく擦れる場所が逝ってしまいました。
このインナーグローブの購入が2011年1月ですから、ちょうど4年です。
薄手のインナーグローブとしては大往生と言えるでしょう。
CIMG0910.jpg CIMG0911.jpg



で、何を買ったかと申しますと、




CIMG0912.jpg

リピート。
GOLDWIN 光電子® インナーグローブです。
ホントはRSタイチのヒートジェネレーターインナーグローブにしようと考えていたんですが、セール中のバイクセブンに在庫しておらず仕方なく。
15%OFF&ポイントで1000円ポッキリで手に入れました。

かといって妥協したかと言うとそうでもなく、
この4年間、しっかり効果を感じた上でのリピートです。
当時は使用期間が短い状態で脊髄反射的インプレでお茶を濁してましたが、
長期間使ってみると侮れない性能があるな、と。
外気温1桁の状態で暫く走ったあとに外してみると手は汗でふやけていることが多いです。

まあ、基本はアウターと言いますかウィンターグローブの時点で防風&保温ができることが前提だと思います。
そういう点では、今のウィンターグローブとの相性は抜群です。

とりあえず、グリップヒーターの必要性を感じない程度には温かいです。
…温かいと言うと語弊があるかな。
寒くない、冷たくならないというものだと言えるでしょう。
今年の夏は皆様健康に過ごせましたでしょうか。

私は会社カレンダーが与えてくれた1週間のバカンスをフルに発揮してツーリングして参りました。
そのレポートはまた追々載せていくとして。

日本各地あらゆるところで雨となった今年の連休。
その影響をモロに受けつつのツーリングとなりました。
雨が降る分には全然全くこれっぽっちも問題はないのですが、
如何せん現状の雨装備が最悪なまでに劣化しておりまして。

撥水?防水?なにそれ?という状態。
何というか、親水とも言うべき劣化っぷりでした。
まあ、グローブは丸4年、レインウェアはインプレ記事が4年前、
そもそもVTRに乗るからと買ったのが事の発端なので6年以上前になるかと思います。
寿命といえば寿命だったのか。

というわけで、ツーリングから帰ってくるなり速攻で雨装備探しをし、本日出揃いましたので紹介します。
初夏の散財祭の続編。
シューズを卒業し、ブーツを導入しました。

しかし、およそ1年前にシューズを買っているはずですが何故買ったのか?
まあ、細かいことは気にすんな☆

購入したのはForma TRACE本国サイト)です。
これでバイクもブーツもマカロニ製に。
正確にはこのブーツはルーマニア製みたいですが。
CIMG8900.jpg

CIMG8903.jpg CIMG8904.jpg CIMG8906.jpg

2箇所のベルクロで大きく開き、着脱がイージー。
DRY TEXという防水透湿フィルムにより快適性を確保。
程々の丈なので、レインウェアが多少ずり上がっても雨水浸入は防げそうです。
また、見た目に反して驚異の軽さです。

舶来物ということであまり期待はしていなかったのですが、これはなかなかいい物です。
足関節から上が非常に柔軟で屈伸運動もなんのその。徒歩でも問題なし。
一方で、足関節から下は調度良い剛性。シフトアップがしっかりキマります。
また、ヒール付近のソール形状が良いのか、下半身ホールドがやりやすいです。
ロクエフたんのヒールガードにあつらえたように嵌り込み、ニーグリップばかりに頼らなくても少ない力で効果的な下半身ホールドが出来ます。
爪先プロテクションのためか厚みがあるため、シフトペダル下に潜り込ませるのは多少の慣れが必要でした。
私はペダル位置は調整せずとも慣れでカバー出来ましたが、モノによっては調整が必要かも。

これはかなりいい買い物をしたと思います。
あとはこれをどれだけ長持ちさせられるか。
舶来物の心配というのは耐久性という意味で。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。