ラビット号を購入して早1年半。

折りたたみ自転車をトランクにぶち込んで、出先で活用したのはたったの2度。

無くてもどうにでもなるような所にしか行ってないからね。
購入動機の本命の使用箇所である大洗は自分の運転で行ってないし。


出先で活用という気が起きないのも、
この20インチ折り畳み自転車の速度が目も当てられないほどに激遅だからです。
普段のママチャリ、バイク、クルマの速度感覚からして前に進んでいる感覚に乏しく、
前進感を得ようと思うと必死にペダルを回さないといけないので滅茶苦茶疲れるんですよね。
疲れることがわかっていて敢えて持ち出す気力が湧いてこない…。

というわけで、この負債に敢えて投資。

20インチ折りたたみ自転車高速化の定番、ドッペルギャンガー DCW-S52Mを導入しました。

P6090009.jpg
スポンサーサイト
走行距離:9.5km(Google Mapsによる)


暇を持て余し過ぎて、普段はクルマを出して買い物に行くところを、
折りたたみ自転車の特性を知る意味でもAJ-01を駆り出してお出かけしてみました。

チャリとしては遠乗り(当社比)です。
逆に言えば、10km程度をいつもクルマ出してたってことになりますね。
荷物があるからね。しょうがないね。
先日の鳥取県初上陸ドライブで車中泊を経験し、
キザシ様の可能性にようやく気付いて来ました。

車中泊ができるということは、ホテルの場所やチェックインに縛られること無く、
体力の続く限り進むことができるということっ…!


というキモい理論はさておき、
出先でのコストや機動力という意味でクルマを持て余すシチュエーションは何かと存在します。



そこで、

折りたたみ自転車をトランクにぶち込んで、出先で活用しよう!

と相成りました。


購入したのは、楽天市場で適度に安くてスペック厨もニッコリのこのマシンにしました。
CIMG1913.jpg
AIJYU CYCLE THREE STONE AJ-01

公式通販サイトの方が情報量は多いです。